2017年04月15日

ネット・サイトを信頼し過ぎると怖い

生後6か月の男児が「乳児ボツリヌス症」で亡くなるというニュースが報じられました。

(参考)乳児ボツリヌス症とは、消化気管が十分に発達していなく、腸内環境の整っていない生後間もない乳児がボツリヌス菌を摂取すると、腸内で繁殖し、毒素を出すことで発症する。ボツリヌス菌は自然界に広く生息していて、植物の花粉を汚染している場合、はちみつに混入する場合がある。ボツリヌス菌は家庭での加熱調理では死滅させるのが難しい。そのため東京福祉保健局は、1歳未満の乳児にはボツリヌス菌の芽胞に汚染される可能性のある食品(はちみつ等)を食べさせるのは避けるよう、注意を促している。

1歳未満の乳児には蜂蜜は危険ということを存じませんでしたが、今回問題になっているのが、料理レシピサイト「クックパッド」で1歳未満の乳児が食べる可能性がある料理で蜂蜜が使うレシピが多く掲載されていたことです。

サイトは一般の方でも投稿できるもので、クックパッドそのものがレシピを開発したわけではありませんが、上場企業が運営するサイトということで、信頼性が高いと思われ、安全だと信じてしまいやすいことから、サイト運営に対しての責任を求める声が出ています。

同社は上場企業でもあり、経常利益を40億円超もたたき出していることから、管理栄養士を採用して投稿される内容に問題がないかチェックする費用を捻出しても良かったのかもしれません。

昨年のDeNAの医療情報サイトや、世界で政治や国際問題まで発展してしまうフェイクニュースなど、運営会社や投稿者の悪意によるものとは違い、今回は、善意であるのかもしれませんが、それでも、間違った情報が信頼性が高いサイトから配信されることから、サイトを利用する側にも注意は必要と思われます。

不動産の分野でも、上場企業から弊社のような零細企業まで、多くの情報が配信されております。不動産会社は宅建業の免許を受けて営業していることや、監視が厳しいことから、間違いも少ないのですが、注意が必要なのは宅建業(宅建士)ではない一般のサイトです。

近年、不動産投資も盛んになり、個人が経験値でサイトに情報を掲載することも多くなりました。拝見していて感じるのは、一つ一つの間違いというより、断定的に書かれていることです。

不動産では個々に様々なケースがあり、一つ一つの状況に合わせながら適切な対応をしていくのですが、少ない経験(投資家でも売買の経験はプロより少ない)から断定されると、サイトを閲覧した方は、その情報を思い込んでしまいます。

その結果、買い損ねるくらいなら被害も小さいですが、断片的な情報を信じ込みすぎて、プロの意見を聞かなくなってしまったら、怖い結果が待ち受けています。プロなら、自身の責任を回避しつつ、売買を成立させることさえもできるかもしれません。

また、クックパッドやDeNAのように、誰もが知るような会社やサイトでも、誤った情報が多く掲載されることもあります。大きい会社、有名なサイト、というだけで信頼してしまうのも危険なことが分かりました。

本来は、個人の経験値で書かれた体験本ではなく、学問的な書籍で確認していくべきかと思います。しかし、さまざまなケースを学びきることも難しいことからプロを活用すべきです。病気や健康なら医師、法律なら弁護士などなどと同じです。

[PR]「不動産の売却・購入ならプレシークへ
「売却の窓口」「リニュアル仲介」「不動産競売流通協会」の三本柱で不動産売買をサポートします。仲介手数料の割引(最大半額)制度もございます。
posted by preseek_shibata at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

不動産のドラマや小説にも監修を

史上最年少で将棋のプロ棋士となった愛知県の中学3年生、藤井聡太四段が4日の対局に勝って、デビュー戦から11連勝の新記録を達成した。

映画界では先月前編が公開された(後編は今月公開)「三月のライオン」、今月DVD化された「聖の青春」など、立て続けに将棋が題材となった。

このように将棋が話題に取り上げられることが多くなり、一時的なブームが訪れる前触れでしょうか。

映画やドラマが制作されるとき、将棋であれば「将棋監修」、この他にも、法律、歴史、医療、科学、宇宙などなど、その道の専門家がリアリティを追求するために助言する役割をもつ「監修」という役割があります。

先の映画では、将棋そのものと将棋界の習慣や文化、雰囲気など、現実離れして白けてしまわないように、監修のみな様がたくさんの助言をされ、制作サイドも意見を取り入れたように感じました。

不動産業界でも、昨年、「家を売るオンナ」を始め、不動産業界側、消費者側それぞれの視点からのドラマが制作されました。

同じ業界に属する立場として拝見させていただきました。その感想は、かなり現実的でリアリティがある、という面と、う〜ん、そんなことはないよ、という面の半々というところでしょうか。

ドラマですからデフォルメしたり創作したりされることもあるでしょうし、あくまでもフィクションということで割り切れれば楽しく拝見させていただけます。さらに、日の目を見ない不動産業界が取り上げていただくだけで、とてもありがたく思います。

小説の世界でも、人気作家の乾くるみさんが「物件探偵」という不動産を題材とした小説(ミステリーのような、人間模様のような)を発刊されました。

紹介文には「間取り図には、あなたの知らない究極の謎(ミステリ)が潜んでいる」「150万部のベストセラー「イニシエーション・ラブ」で日本中をまんまと騙した作家が、不動産に絶対騙されないコツ、教えます!!」と刺激的な文言が書かれており、騙されないためにも読まなくてはと、手に取りました。

内容は、不動産の声が聞こえる宅建主任者(現在は宅建士)が、トラブルに巻き込まれた消費者を救済する(謎を解く、真理を導く)という短編6話で構成されております。

新しく不動産投資を始めた地方の人、アパートに暮らす一人暮らしの女性、離別した子供を自宅に引き取った人、下町に古いアパートを所有する女性、定年後に時間を持て余す人、事故物件を買った人、などがトラブルに巻き込まれ、そこに「物件探偵」が現れます。

その時「怪しいものではありません(宅建免許を提示し)宅建主任者です」と名乗ります。これで、あ〜安心となるのはリアルではなく、話の流れ上で仕方ありません。また、宅建主任者ではなく宅建士だよ、という面も置いておいて、一番に気になったのは「宅建という認定をもらっている」というくだりです。

宅建士(旧主任者)は、認定資格ではなく、国家資格であり、資格者とおっしゃって欲しかった。本来は、取引に携わる人は全員必須としなけばならないのですが、事務スタッフでも他の職種でも、とにかく社内で5人に1人以上の資格者が所属していればいい、という規制の甘さが、資格から認定と格下げされてしまう要因なのでしょうか。

これからも業界のことが、書籍やメディアで取り上げられることが増えて欲しいと思っております。その際に、不動産業界の監修をされる方を是非活用してほしいと切に願います。小説のようにトラブルに巻き込まれないためにも。

先日「コンピューター将棋ソフトが、ついに名人を破った――。将棋ソフトの「PONANZA(ポナンザ)」が佐藤天彦名人(29)を圧倒した。」というニュースが流れました。

また「ビットコインの基礎となるブロックチェーン技術が発展するとなくなる職種」のなかで、不動産営業が取り上げられていました。

将棋も不動産業界も、コンピューターが席巻するようになると、ドラマもトラブルもなくなるのでしょうか。

乾くるみ 『物件探偵』 | 新潮社 紹介サイト http://www.shinchosha.co.jp/book/350781/

[PR]「不動産の売却・購入ならプレシークへ
「売却の窓口」「リニュアル仲介」「不動産競売流通協会」の三本柱で不動産売買をサポートします。仲介手数料の割引(最大半額)制度もございます。
posted by preseek_shibata at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

「持っている」というのはこういうことを言うのか

「下町ロケット2 ガウディ計画:池井戸 潤 著」を読みました。直木賞受賞の下町ロケットの第二弾、前作のロケット部品から医療部品へと舞台を変えて、中小企業(私から見たら200人超の会社は大きい)が奮闘する内容です。

大企業による下請けいじめと横暴、権威をかさに妨害する医学部教授、厚生労働省系の許認可権を持つ審査機関からの嫌がらせ、医師と企業の癒着などなど、様々な妨害に遭い、さらに協力業者の資金繰り、本業の危機などの逆境にも陥りながら、これでもかも落とし、さいごに大逆転するという著者らしい痛快なお話しです。

さて、この小説から、なぜ持っているという思ったのか。

ネタバレになるので詳細を書くことはできませんが、今、世間を騒がせ、社会を不安に陥れた事件と、この小説の大逆転のきっかけになる事柄が、まさに、同じ言葉、同じ構造になっています。

現実の事件は先月半ばに表面化して騒がれ始めました。今月発表された小説が、半月前の事件を参考にしていることはありえません。この事件の騒動と小説の発売時期が重なったのは偶然です。

しかし、企業や業界の本質を見抜く力が、現実の事件が起きることを予見していたのかもしれず、タイミングは偶然かもしれませんが、必然だったかもしれません。

それにしても、著者原作のドラマは、半沢直樹シリーズを始め、いつもヒットしますね。水戸黄門、必殺仕事人など、勧善懲悪、最後に大逆転で正義が勝つという流れは、時代が変わっても定番ということでしょうか。

下町ロケットのドラマを放送しているTBSが、「白熱ライブ、ビビット」「ひるおび」で、他局よりも現在騒がれている事件を精力的に報じていることも、もしかしたら高度なドラマの番宣なのかもしれません。ひるおびのMCは下町ロケットでカッコいい助っ人役ですし。

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

法規制のない下でのビジネス

今朝の出勤時、南柏駅から光ヶ丘へのバス通りに、さながらイベント会場のように多くの人が、ひしめき合いながら歩いて、あるいは、小走りする姿がありました。柏市立光ヶ丘小学校の校庭を借りて、南柏幼稚園の運動会が行われることによるものでした。

今日、明日とお付き合いある建築家の方が開催する建築現場完成見学会が、今日は午後からの開催になるとのことで、理由は、子供さんが通う幼稚園の運動会が実施されるからとお伺いしていましたが、この運動会(ご自宅兼設計事務所のご近所)かな。

柏市立第二小学校の校庭では、親子運動会が開催され、昨日のラジオで、松戸市のリスナーが本日どこかで開催される子供の幼稚園の運動会の場所取りで徹夜で並ぶ、という投稿が紹介されていました。爽やかな天候に恵まれてなによりです。

昔は、10月10日といえば体育の日で、スポーツの秋です。この体育の日は、私が生まれる前に実施された東京オリンピックとの関連で制定されたのではなかったかと記憶しております。

2020年に開催が予定されております東京オリンピック。今度の開催は夏に予定されておりますが、なぜ、前回と同じく爽やかな気候である秋の開催にしなかったのか、東京の夏と言えば、例年、酷暑、猛暑であり、とてもスポーツをする状況ではないのではと思われます。

いつ頃からか(ロス五輪か)、オリンピックも祭典よりもビジネス(興行)の要素が強くなり、悪い意味での大人の事情から、夏の開催になっているようですが、外出は控えるようにと訴えるほどの気候で、選手には運動させ、観客には耐えさせるのはいかがなものかと。

そして、外国はどうか分かりませんが、日本では確実に夏休み期間中にあたります。夏休みで観客動員、五輪関連での行楽や旅行とビジネス的にはいいのかもしれませんが、問題になっているのはホテル・旅館などの宿泊施設です。

2015年現在でも、外国旅行者などの増加により、都市部の宿泊施設は稼働率が高まっています。稼働率が高まった結果、宿泊代金も高騰しています。これに東京オリンピックも加われば、都内の宿泊施設はどうなってしまうのか。

このような状況下から、民泊と呼ばれる個人宅の宿泊スタイルが新しく生まれました。国民全体が、ビジネス的な要素を持つことは、バイタリティーや活力が高まることから良いのかなと思われますが、宿泊者の健康や安全を確保するために定められた法律や規制との兼ね合いが問題となります。

これと同じようなことは不動産分野にも当てはまる部分があります。

不動産を不特定多数に反復継続して販売するという不動産売買、不動産の売買を斡旋する媒介行為には、宅建業(正式には宅地建物取引業)の免許が必要となります。

自宅を買って売って、また買って売ってを繰り返していく分には免許は要りませんが、キャピタルゲインを目的として売買を繰り返すと免許が必要になることがあります。(判定は難しいところで、監督官庁はトラブルが起きるまでは積極的に取り締まれないのが現状)

売買の斡旋では、不動産業ではない個人や法人が、不動産売買の営業活動(契約締結に向けた活動)を行うことは禁じられています。(しかし、契約締結時に宅建業社が介在すると、やはりトラブルが起きるまでは静観となる)

宅建業法の対象内であれば、なにかの時に法規制、監督官庁からの指導や摘発などがありますが、宅建業法の対象外となるのが、賃貸の管理分野と賃貸行為そのものです。(賃貸の媒介は宅建業法適用内)

大家さんとなるには宅建業の免許は不要です。賃貸の管理だけであれば、同じく宅建業の免許は不要です。極端に言えば無法地帯です。

なんでもかんでも規制し、法律でがんじがらめにするのは基本的に反対です。

しかし、民泊も賃貸業・賃貸管理業も、さらには不動産売買や媒介でも、免許や資格がない人が好き勝手に介入してくるのは、消費者、利用者、さらに、業界や市場も混乱、困惑、困窮することになりますので、きちんとした最低限のルールは必要です。

余談ですが、大手仲介業者の営業マンは、物件の囲い込みなど、規則違反を認識していても、いまだに、明らかに悪意を持って違反行為をしています。結局、監督不行き届きなのでしょうか。

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

現役世代も高齢者世代も格差拡大

弱者ほど貧しくなるのがアベノミクス。「下流老人」「老後破産」「貧困老人」などが流行語となった今日、弱者・高齢者に厳しいことがアベノミクスの代名詞となってきた。

先日、安倍総理が、祖父の岸信介元総理、父の安倍晋太郎元外務大臣の墓参りをしたというニュースを見て、あまりにも立派(巨大)なお墓に、これでは一般庶民の生活は分からないのだろうなと納得しました。

それは、まるで、江戸時代、中世のような、お大名、貴族と庶民との格差を見ているようです。

安倍総理は、「親父とそして祖父の墓前に、国民の命と平和な暮らしを守るための法的基盤が整備されたこと(を報告し)、強い経済をつくっていくことに全力を挙げていくということを誓いました」とコメントしていましたが、空しいものを感じました。

今日は秋のお彼岸の中日、先日は敬老の日ということで、老後のことを報じている内容が目につきましたが、どれも、ネガティブな方向のもので、アベノミクスをより顕著に表していた。

報じられていました内容を要約すると次のようなものです。

・遺品整理は故人が使っていた家財道具一式を片付けること。それとは別に「特殊清掃」というものがあります。特殊清掃とは、自殺、殺人、孤独死などでご遺体の発見が遅れた部屋の清掃です。不動産取引の場合、特殊清掃のような状況になった場合、「告知物件」という扱いでの売却になることが多くあります。

・高齢者を狙い撃ちする「オレオレ詐欺(振り込め詐欺)」。社会問題としてクローズアップされる反面、被害者に対する世間の目は厳しいのが現実。

・定年後も中流意識を持っている人は多く、意識と実態のギャップから貧困化に陥るケースが増えている。

・老朽化した持ち家であっても資産と見なされるため、貧困に陥ったとしても、生活保護の申請が認められない事例が増えている。地方や郊外ではクルマが生活の必需品だが、これも「贅沢」と見なされるため、持ち家と同様に生活保護の申請が認められない。さらに、葬式用や緊急用の預貯金があっても同様になる。

・認知、介護などの身体的な問題、老後資金、年金、医療費などの金銭的な問題などから、高齢者も現役世代も経済的、身体的、精神的に追い詰められてきており、さらに、社会全体の閉そく感、犯罪やトラブル、争いの増加など、日本全体が暗くなっている。

以上、取りまとめてみました。

このような内容を見ている一方で、週末(今回のシルバーウィークも)の度に高速道路は行楽渋滞を起こし、飲食店では行列ができて大繁盛している状況を見ると、どっちがホントの姿なのか分からなくなるのも事実です。

不動産業界でも、毎月のように海外へバカンスに行く人もいれば、成績が上がらず休みなしで働く人もいる。どちらが実態を反映しているのか。どの世界でも格差が拡がってきているということか。

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

ぬる湯のススメ〜街中温泉・三郷近郊編

お盆休み明けの月曜日、朝から天の恵みで雨降りのスタートとなりました。昨日までは行楽日和で、今日から猛暑から解放されて過ごしやすく仕事もしやすい気温になり、今年は曜日配列、天候に恵まれたお盆休みとなったようです。

今週の平日の夜から今週末は、行楽疲れ、近所の外出となり、スーパー銭湯などの温浴施設は混雑しそうです。柏市では手賀沼リゾート・満天の湯で恒例の「満天セット(入浴と岩盤浴がセットとなったお得商品)」が始まります。

それでは、ぬる湯のススメ〜街中温泉の第四弾・三郷近郊編をお送りさせていただきます。

1. 湯快爽快『湯けむり横丁』みさと(三郷市) ★★★☆☆(近くにあるなら) http://www.yukaisoukai.com/sat/

温泉名:三郷温泉 泉質:ナトリウム-塩化物強塩温泉 浴槽は「野天元湯風呂(ぬる湯)、野天元湯風呂(あつ湯)、壷湯、庵湯、うたた寝之湯、白湯、電気風呂、水風呂、座湯、サウナ」

ノスタルジックでレトロな雰囲気を醸し出した施設が特徴のチェーン店のひとつ。この雰囲気と食事を楽しみにくるかどうかで、この施設を利用するかどうかが決まる。流行りの炭酸泉浴槽はないが、天然温泉をぬる湯・あつ湯(かなり熱かった記憶)と分け、さらに木造建物で囲んだ「庵湯」が癒し効果を発揮している。

2. 早稲田めぐみの湯(三郷市) ★★★☆☆(近くにあるなら) http://www.meguminoyu.com/

温泉名:早稲田天然温泉 めぐみの湯 泉質:ナトリウム-塩化物強塩温泉 浴場は「天然温泉を利用した内湯と露天風呂」

源泉、泉質に自信を持っているのか、これでもかというほど「源泉、天然温泉」にこだわっていることを感じられる施設。確かに、泉質は関東平野部の一般的な温泉だが、濃さが違うように感じる。他の施設は赤茶けてはいるものの透明感があるが、この施設の温泉は赤茶に黄土色も加わり濃さを感じる。内湯も露天風呂も二層に分けているが、もう少しメリハリ(ぬる湯、あつ湯)をつけてもらえるとうれしい。スーパー銭湯というより湯治場の印象に近い。★4に近い★3。

3. やまとの湯 草加店(草加市) ★★☆☆☆(無理していかなくても) http://www.soukayamatonoyu.com/

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩温泉

かなり前に訪れたため記憶が薄いのですが、落ち着いた雰囲気とバランスが取れた施設だったように記憶しています。露天風呂に出る際、階段を上って上層になる分だけ開放的に感じました。

4. よしかわ天然温泉ゆあみ(吉川市) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) http://www.yuami.com/index.html

泉質:ナトリウム・塩化物強塩の弱アルカリ性 浴場「源泉風呂、薬草風呂、鉱石風呂?、露天風呂など」※2回行きましたが男女入れ替え制のため各1回となり記憶が曖昧です。

吉川駅前にある立地の良さ(その代わりに駐車場が離れる)、天然温泉と薬湯(特注)を売りした健康センターに近い施設。智光薬湯と名付けられた泉質は日本一と言い切るほどの自信、浴室には説明文の他、スポーツ選手(ちょっと前のレジェンドの方々)が利用していることで効果を立証している。薬湯の評価を高めにする個人的な主観により★4にしていますが、評価は分かれるかもしれません。

以上、4つの施設をご紹介させていただきました。今回ご紹介した施設は個性的で、お近くの方はその日の気分や時間で使い分けているのかもしれません。

個人的な評価表 ★★★★★(人生で一度は行くべし) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) ★★★☆☆(近くにあるなら) ★★☆☆☆(無理していかなくても) ★☆☆☆☆(話のネタに)

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

ぬる湯のススメ〜街中温泉・草加川口越谷編

今年のお盆休みは、街中の人も車も多くて、いつもの長期休暇とは様相が異なるように感じるのは私だけでしょうか。今年に限らず、長期休暇中のスーパー銭湯などは大混雑ですが、今年は特にそう感じます。

これも不景気の影響で旅行などには出かけられずに近所で過ごしているのかもしれません。私はそれ以上に、貧乏暇なしで休みなしのお盆休みでした。

それでは、ぬる湯のススメ〜街中温泉の第三弾・草加川口越谷編をお送りさせていただきます。

1. スパロイヤル川口(川口市) ★★★☆☆(近くにあるなら) http://spa-royal-kawaguchi.jp/

源泉名:川口 スパロイヤル温泉 泉質:ナトリウム-塩化物泉 浴槽は「源泉の露天風呂のあつ湯・ゆる湯、天然温泉の電気風呂・壺湯・寝ころび湯、天然温泉の炭酸泉など」

閉館したスーパー銭湯がリニューアルされてオープンしました。アジアンテイストな雰囲気の店づくりに、天然温泉をふんだんにつかったたくさんの湯船、清潔感とマンガなどの長期滞在アイテムもあります。湯船には、ぬる湯とあつ湯に分かれた天然温泉の露天岩風呂と天然温泉を利用した広い炭酸泉とがあり、私個人の好み通り。さらに、露天風呂に鮮明に映るテレビが設置されているのも好みに合う。

2. 湯パーク ラヂウム温泉(川口市) ★★★☆☆(近くにあるなら)

泉質:ラジウム鉱泉 浴場は「ラジウム鉱泉を利用した内湯と露天風呂」

木造の和風建築が銭湯の典型的な建物なら、こちらも庶民的な銭湯の一つである合理的な建物の銭湯。いわゆる銭湯形式なのでアメニティなどはなく、近所の方の憩いの場にもなる日常生活施設(スーパー銭湯は規制されるがノーマルな銭湯は低層住居専用地域でも建てられる)。私の好きなラジウム鉱泉、スーパー銭湯とは異なるのんびりとした雰囲気を味わえる。駐車場も完備で、近くにあれば、たまに通いたくなるような施設。

3. 湯屋処まつばら(草加市) ★★☆☆☆(無理していかなくても) http://www.tobufoods.co.jp/spa/matubara/

露天風呂、替わり湯、電気風呂、リラクゼーションバス、ジェツトバス、スチームサウナ(男性)、塩サウナ(女性)ほか15種類から成り、充実したデラックス銭湯施設となっております!(公式サイトより)

施設そのものは良い印象ですが、思い出せるのは駐車場が止めづらかったこと、ガード脇にあることから道が分かりづらかったこと(道路も通行しづらい)など、たどり着くまでに一苦労したことが強く残ってしまっています。

4. 越谷天然温泉美人の湯ゆの華(越谷市) ★★☆☆☆(無理していかなくても) http://www.yunohana.co.jp/koshigaya.html

以前、柏市柏という柏の中心地にあった「ゆの華(閉店解体済み)」と同系列で施設づくりも似ている(当然か)。このため新鮮味がなく印象に薄いが、けして悪い印象ではない。※古い記憶のため鮮明ではありません。

5. 越谷健美の湯(越谷市) ★★★☆☆(近くにあるなら) http://koshiken.3riku.co.jp/index.html

こちらも、柏市南増尾にある「健美の湯」の姉妹店で、施設内容は「高濃度炭酸泉、入浴剤の温泉、日変わり浴槽など」。施設そのものはバラエティに富み、コストパフォーマンスが高い。柏市でも同じ内容のため、こちらからわざわざとはならないが、近所にあるならうれしい施設。

以上、5つの施設をご紹介させていただきました。どれも、遠方からわざわざというものではありませんが、日常生活施設として近くにあるといいなと思える施設です。街中の温泉ですから当然です。

埼玉県は西側に秩父山系を抱えて良質な温泉が多いことに加え、東部地域にも温浴施設が多いように思える。特に「ぬる湯」を積極的に採用しているのは、熊谷、越谷など夏は猛暑で厳しい気候の影響もあるのでしょうか。

個人的な評価表 ★★★★★(人生で一度は行くべし) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) ★★★☆☆(近くにあるなら) ★★☆☆☆(無理していかなくても) ★☆☆☆☆(話のネタに)

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

ぬる湯のススメ〜街中温泉・春日部近郊編

圧倒的なストレス社会、スマホやPCばかり眺め、飽食美食で生活習慣病が広まる今日この頃、そんな中で身体的にも精神的にも救世主のように癒してくれるのが、温泉(広義でスーパー銭湯なども含む)。

人の目を気にせずストレスフリーのように思えて羨ましいクレヨンしんちゃん。その地元「春日部市」にも温泉、スーパー銭湯があり、もしかしたら、その恩恵を受けているのかもしれません。そこで、今回は春日部市近郊の温泉・スーパー銭湯をご紹介させていただきます。

1. かすかべ湯元温泉(春日部市) ★★★☆☆(近くにあるなら) http://www.kasukabeonsen.com/

泉質:弱アルカリ性単純温泉 浴槽は「源泉の露天風呂・あつ湯・ゆる湯・アトラクションバス、薬湯、檜風呂、サウナ」 ※ナイトサービスがお勧め。

この施設は建物も浴場内も飲食処も駐車場も広い。温泉施設の他に、プール、フィットネスジム、岩盤浴、複数の飲食店にあらゆるマッサージなど多彩なラインナップ。適度に古びて馴染んでおり、個人的には情緒感があって好き。温泉が単純なものですが薬湯とぬる湯があるのは好感が持てる。

2. 湯楽の里 春日部店(春日部市) ★★★☆☆(近くにあるなら) http://www.yurakirari.com/yuranosato/tenpo/kasukabe.html

源泉名:湯楽の里 春日部温泉 泉質:ナトリウムー塩化物強塩温泉 浴場は「天然温泉かけ流しの露天風呂などと一般的な浴槽数種類」

施設のサイトには「極上温泉、日本天然温泉審査機構にてオール満点評価(全6項目審査で最高得点5点満点!」という表記がある。確かに良い泉質だが、関東平野では一般的な泉質であり、この泉質だけで人を呼べるほど(表記ほど)ではない。それでも関東一円に展開している施設であり外れることはない。オーソドックスな天然温泉利用のスーパー銭湯です。駐車場がもう少し広くて利用しやすければ。近くにある喫茶店「羅布乃瑠沙羅英慕」は、ぜひ一度の★4つです。

3. 七光台温泉(野田市) ★★★☆☆(近くにあるなら) http://www.yaz-mimatsu.co.jp/yaz-nana/

源泉名:源泉野田七光台温泉 泉質:ナトリウム塩化物強塩温泉 浴場「天然温泉の内湯と露天岩風呂、ちょっと熱い源泉風呂、二種類のサウナと水風呂、腰かけ湯」

埼玉県に所在する春日部市から江戸川を渡ったお隣の野田市「イオンタウン野田七光台」内に所在している。源泉の熱い湯、そこから流れ出る温泉を溜めた浅い岩風呂(ぬる湯)、内湯と温泉を利用できる。温泉そのものはオーソドックスな泉質です。この施設の特徴は薬草スチームのサウナ。その独特の匂い(私は好き)に惹かれて入ってしまう。飲食処の他、ゆっくり寝ころべる暗室もあり、ゆったりくつろぐのに最適な施設です。

以上、3つの施設をご紹介させていただきました。どれも、遠方からわざわざというものではありませんが、日常生活施設として近くにあるといいなと思える施設です。

温泉の泉質でナトリウムという文字を入力し、クレヨンしんちゃんによく登場するアクション仮面も相まってウルトラマンを思い出しましたが、あれはスペシウム光線でした。さすがに温泉成分のナトリウム光線では怪獣を倒せない。

個人的な評価表 ★★★★★(人生で一度は行くべし) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) ★★★☆☆(近くにあるなら) ★★☆☆☆(無理していかなくても) ★☆☆☆☆(話のネタに)

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

ぬる湯のススメ〜街中温泉・大宮近郊編

江戸っ子は熱い風呂が好き、などと言われ、熱い風呂に入ることがステータスのようになっているが、私はそこまで根性も我慢強さもないため、のんびりできるぬる湯がいい。

最近、「高濃度炭酸泉」を採用している施設が増えてきた。炭酸泉は37〜38度くらいの温度で炭酸の溶解率が高まるということで、ぬる湯にしている施設が多い。この温度と炭酸泉効果から、炭酸泉に長くのんびりと浸かるという入浴方法が好まれるようになった。

とは言っても、子供みたいなところがあって、じっとひとつの湯船に長く浸かっていることもできず、複数の浴槽があって、それを渡り歩いて長く入っていることができる施設が好みになる。

夏休みの疲労回復、猛暑残暑から涼むため、ストレス解消にと、お勧めの温浴施設を紹介します。今回は「さいたま市近郊、ぬる湯」の特集です。

1. 杉戸天然温泉 雅楽の湯(杉戸町) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) http://www.utanoyu.com/

源泉名:杉戸みやび温泉 泉質:ナトリウム-塩化物温泉(高張性・中性・高温泉)。浴槽は「内湯生源泉湯、生源泉つぼ風呂・石風呂、源泉あつ湯、シルク湯、高濃度炭酸温泉、岩風呂、根湯・寝ころび湯、水風呂、アトラクションバス、足湯、サウナ」

多彩なお風呂、清潔感と癒される木の造りなど、落ち着いた施設となっております。お風呂そのものもお勧め度は高いですが、この施設のビュッフェレストランがさらにお勧めです。ホテルの高い価格なら、味も種類も良いのは当然ですが、ここは味も種類も良いのに安い。このビュッフェがあるだけでもう一度行ってみたいと思います。

2. 見沼天然温泉 小春日和(さいたま市見沼区) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) http://www.koharubiyori.co.jp/

ナトリウム−塩化物強塩温泉、入浴することにより皮膚に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぐ為、保湿効果がよく、湯冷めしにくいので「温まりの湯」と言われております。浴槽は「非加熱源泉かけ流し(生源泉、やや加温したぬる湯、あつ湯、あさ湯)など」

この施設は緑が多く静かな環境の中に所在し「大宮や浦和などの都会と同じさいたま市なのか」と驚きます。この緑と日本庭園、木質の建物の良さが期待を高めます。温泉そのものは関東平野の典型的な泉質ですが、温度が違う浴槽に分かれ、どれも適度の大きさもあり、ゆったりくつろぐことができます。施設内のお食事も味量価格と三拍子揃います。

3. さいたま清河寺温泉(さいたま市西区) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) http://seiganji-onsen.com/

源泉名:清河寺温泉 泉質:ナトリウム一塩化物温泉。浴槽は「高濃度炭酸泉×天然温泉×桧の浴槽、入浴剤を用いた内湯、アトラクションバス、生源泉(ぬる湯)、適度な温度の岩風呂、熱い源泉かけ流し風呂、寝ころび湯など」

大宮に近いこともあり、施設前に商業施設があることなどから、周辺雰囲気は緑が多く残る近郊住宅地そのもの。それでも木質系の建物は良く造られており良い感じの和風施設です。露天風呂でも竹林を配して良い雰囲気を醸し出しています。この施設の良さは、天然温泉と高濃度炭酸泉と桧風呂を3つ合わせたハイブリッド浴槽、いつまでもくつろげそうな生源泉のぬる湯とその反動なのかかなり熱い源泉かけ流しの露天風呂、さらに、ライトアップされた竹林は外気で身体を冷ます際に癒しを与えてくれます。この施設で飲食はしませんでしたが、他の入浴客が「ここは食事も美味しい」と仰っていました。上記1番の杉戸と同じ系列とのことですのでうなずけます。

以上、大宮近郊の三施設、どの施設も、ぬる湯、緑を多く配した木質和風系、食事も良い、という条件を揃えております。千葉県、埼玉県のすべての施設を比較したわけではありませんが、この3施設を見る限り、入浴施設では埼玉県に分がありそうです。遠くてなかなかいけないことが残念です。

個人的な評価表 ★★★★★(人生で一度は行くべし) ★★★★☆(満足度高くてお勧め) ★★★☆☆(近くにあるなら) ★★☆☆☆(無理していかなくても) ★☆☆☆☆(話のネタに)

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

大久保佳代子さんから学ぶ住まいと資産形成

なにかしらの情報が得られるかもしれない、知っておかなければならないことがあるかもしれないと、TV録画機器のキーワード検索自動録画機能を利用している。

設定しているキーワードは「不動産」「マンション」など(他には鉄道)。そのどちらか(まさか鉄道ではないと思われる)に該当したのか、「大久保佳代子さんの上京から現在までに暮らした家の足跡を辿る」という番組が録画されていた。

この番組の基本的な構成は、暮らした家をベースに大久保さんの思い出(主に恋愛)を語るというものだが、恋愛話を紹介するのは場違いなため、家の方に焦点をあててみたい。

大久保さんは千葉大学に進学し、最寄り駅である西千葉駅付近のビルかマンションかアパートか判別できない微妙な建物で一人暮らしが始まった。

当時暮らしていた部屋の間取りを手書きで描かれ、和6、和4.5、Kという構成から典型的な「直の2K」だと判明し、この業界に入りたての頃(平成2年〜3年)を思い出した。※対称の間取りは「和6、和4.5、DKの振り分けタイプ」

現在もこの建物は現存し(番組では記憶違いで取り壊され駐車場になっているというくだりがしばらく続く)、大久保さんが暮らしていた部屋は、きれいに洋室へと改装され、千葉大学に通う女子大生が暮らしていた。

建物外観からのイメージからは、失礼ながら冴えない感じ(築年数などから)だったが、一新された内装を見て(居住者もきれいに使用)、構造躯体がしっかりしていれば内装を変えることにより価値が維持されるのだなと実感した。

中古の戸建てもマンションも、新築後一定期間が過ぎて内装の寿命となったとしても、構造躯体さえしっかりしていれば、生き返ることができる。それこそ、こういうところに掘り出し物があるのだろう。

千葉大学卒業後、大久保さんは都内での居住を目指し総武線小岩駅周辺へと引っ越した。元々、千葉大学に進学したのも「東京に出たい」という目的のための手段であった。4年間の遠回りとなったがここに夢が実現した。

東京で暮らす(23区)という名目的な部分では目的を達したが、総武線の小岩駅は江戸川を挟み千葉県への玄関口となる地域で地理感としては千葉県に近い。それでも下町情緒は都内独特のものがあり、東京らしさも感じることができる。

この小岩、総じては庶民的な街で暮らしやすい地域だが、駅周辺は歓楽街的な要素もあり、一部の通りでは、夜の一人歩きは成人男性でも怖いと感じる(私が怖がりなこともある)。

番組では「環境が良い」ことのみのニュアンスだったが、住宅環境に関しては、人の言うことを単純に信じるのではなく、また、思いこむことなく、実際に生活圏は歩いてみることをお勧めします。※平日休日、朝昼夜、晴雨と変化を加えて。

小岩の後、なぜか、川崎市の登戸(東京都ではなくなった)へ移り、もう一度、東京に戻って、世田谷区の桜新町、三軒茶屋と都内でも屈指の人気の街で暮らした。※現在は違う地域に居住しているようです。

桜新町では今流行りのルームシェアをし、同居人との生活の難しさを語っておりました。三軒茶屋の家は、大久保さんご自身には特に不満がなかったようですが、私は驚きました。

世間一般の方から見れば家賃18万円は高いかもしれませんが、数億の収入(資産)があると言われる大久保さんにしては安い。しかも、暮らしているお部屋は「三軒茶屋の家賃18万円」ですから、ほんとに普通の賃貸住宅でした。

ほんとにここで暮らしていたのかと違和感がありましたが、庶民派の大久保さん(近年までOLとの兼業)らしいのかな。こうでなければお金が貯まらないのかと参考になりました。

大久保さんほどの収入がない我々がお金を貯めようと思ったら、住居費を節約しなけばなりません。

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

地球の歴史と気候変化

一昨日は、柏市でも雪が降りました。春休みの3月後半に雪が降り積もったという記憶はありますが、4月に入り、桜が散りかけの時期に降雪があるのは驚きました。

暖かくなりつつあるなかでの、寒の戻りは体調を崩しやすい。4月の半ばになっても冬の装いで、このままだと、春があっという間に終わり、一気に夏まで走りそうですね。(ここ例年、同じような傾向かと)

最近、なぜか地球そのものの歴史に興味を持ち、まずは「宇宙戦艦ヤマト2199でわかる天文学」を読んでみたものの、これは宇宙物理学で地球のことではない(かつ難しくて分からない)、

そして「地球進化 46億年の物語(ロバート・ヘイゼン著)」を読むも、これも、文章はわかりやすいものの、あまりにも膨大な知識量で、とても頭に入りきらない、

次に「137億年の物語―宇宙が始まってから今日までの全歴史」を読み始めたところです。これは図鑑形式で、右脳派の私でも読みやすい。上記書と比べるとわずかに相違する点もありますが、そういう細かい点は気にせず、骨格だけ理解できればと。

さらに、より頭に焼き付けるため、NHKスペシャルで放送された「地球大進化」シリーズを観て、映像からのインプットをしています。

知能的には映像が一番わかりやすく、かつ、映像が美しくて癒されます。

地球創世記は岩石も溶け出す高温(6000度)になったり、赤道もふくめて地球がすべて凍りつくした超氷河期(零下50度)になったりと、地球そのものの歴史から見れば、桜の季節に雪が降ることなどは、微々たるものなのかと、そして、人間の力なんて弱いなと。

このように、地球の生い立ちとこれからを学んでいますが、少し本を読んで、資料を見て、たったそれだけで、専門家のように論じることができるのか、絶対にできない。(お酒は飲めませんが)酒のさかな程度の話しまでです。

さて、地球規模の科学からみればスケールが違いますが、不動産、住宅に関しても同じことが言えます。

ちょっと本を読んだ、一度か二度、取引を経験した、知人に専門家がいる(だけ)、と、このくらいの知識やキャリアで、人生を左右する不動産取引に、みょうな自信を持っている方がおられます。

ご自身のことであれば、自己責任で、最悪、自己の身にふりかかるだけですが、他の方のことに、無責任な助言をされる方が多い。

身内であり、なにかあったら助ける(金銭的にも)、というなら有責任ですから問題はありません。お気持ちはありがたいと道義的には思います。一つ一つの事柄が正しいことも多くあります。

しかし、お取り引きされる方々それぞれに、様々なご事情や状況もあり、総合的な判断になります。断片的なことで断定的にされるのはいかがなものでしょうか。

弊社に相談に来られる方は、そのような助言される方が少ないか、自分のことは自己責任でと思われている方が多いので、このような状況を見聞きすることは少ないですが、不動産関連の本を最近読んで感じたことです。

 ■半端な知識で動くと損することに http://www.preseek.jp/column/note/150410.html 参照:「不動産の法則(誰も言わなかった買い方、売り方の極意)」櫻井幸雄著、ダイヤモンド社

昔から、理科の中では、地学系、宇宙や地球関連に一番興味がありました。どこか、不動産に高額なお金をかけたり、縛られたりすることに懐疑的なのは、地球の歴史やこれからを考えてしまうからかなと思います。

[PR]「中古マンション購入パック・売却パック
中古マンションの購入や売却をパック料金で提供するサービスです。(不動産取引の諸経費が軽減できます)
posted by preseek_shibata at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半端な知識で動くと損することに

著名な不動産評論家の新刊本を読んでいたら、およ、およ、これは自分が何年も前から言っているぞ(言い回しが同じというものまで)、という内容が100のうち20くらいあった。

自意識過剰かなと思う反面、このコラムで(日付入りで)書いているはずだから問題ないだろうと安心する面が半分。

残り80のうち60くらいは、言う機会がない、言うほどのこともでないけど、知っている内容になっていた。残り20くらいが、へぇ〜と感心する内容になっていた。

初めて知ることや感心する内容がある限り、大半が復習にはなるけど学ぶことを止めることができない。特に建築技術や建物設備は、進化が早く多岐に渡り、とても追い付けない。

さて、拝読させていただいた本のなかで、特に、感心したこと、その通りと膝を打ったこと、そうなんだよなとしみじみ実感したこと、ほんの少しだけご紹介させていただきたく思います。

「駅近、再開発、地域一番」が売れる。立川のタワーマンションが都心並みの価格で即日完売したと紹介されていましたが、立川と言えば柏※、柏で言えば今建築中のライオンズタワーでしょうか。※同マンション所在の二番街周辺は立川をモデルに再開発の計画がある。

富士山と花火が見れると価格が高い、というのも現場にいるとよくわかる。千葉県からだと富士山は小さくしか見えませんが、それでもお客様の反応はある。スカイツリーは思ったほどでもなく、やはり富士山は強いなとつくづく感じる。

そして、花火と言えば、我孫子・柏の手賀沼花火大会。これがよく見えるかどうかで、土地やマンションの価格には確かに影響している。

「金を出さない親ほど口を出す」。これもよくわかります。人間性が素晴らしいからお金を持っているのか、持っているから人間性ができるのかはわかりませんが、お金を出すことと口を出すことは思っているよりも比例しません。

上司や同僚、親戚などの意見を聞いて(頼んでもいないのに口を出す第三者が多い)、失敗した例も多く紹介されており、人生を左右することに無責任に安易に口を出せるものだと思った。

不動産を買う売るアドバイスをすることを仕事としていて、長年経験していたとしても、幅広く客観視できるとしても、やはり重圧を感じる。

プロでもこのような状況なのにも関わらず、経験も知識も格段に少ない一般の人が、気軽に断言されるのを見ていて、怖くないのかなと不思議に思う。

医師免許を持っていない人が、治療のアドバイスをする。弁護士資格を持っていない人が、争いのアドバイスをする。人生を左右する内容と考えれば、これと同じとまで言ってもいいのかもしれない。

そして、著者が数多くの現場を取材して書かれているのだから、言ってきたことが確かにそうだったんだと共感したのが、「夫が建物(室内)、妻が外部環境(立地・資産)」というケースが増えてきているというもの。

私は共働きなど社会の変化なのかなと抽象的しか考えていなかったですが、さすがに著者はきちんと分析されていました。

理由は、決断に重みをもつ方が外部と資産、軽い方が建物を気にする原則があり、夫は決められない・妻が決めるという男女逆転夫婦が増えたからでは、とのこと。

この他にも一般の方が思い込んでいる誤解や豆知識がふんだんに紹介されておりますので、(特にマンションご検討の方)これから買う人は一読されることをお勧めします。

参照:「不動産の法則(誰も言わなかった買い方、売り方の極意)」櫻井幸雄著、ダイヤモンド社

[PR]「中古マンション購入パック・売却パック
中古マンションの購入や売却をパック料金で提供するサービスです。(不動産取引の諸経費が軽減できます)
posted by preseek_shibata at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

外国資金の流入が続いたら

カゴメでは約25年ぶりにトマトケチャップなどの出荷価格を2015年4月1日から4〜13%値上げすると発表しました。

バブル崩壊後、デフレが続いたとはいえ、25年間も値上げをせずに企業努力で対応してきたのは立派の一言ですが、ついに限界がきたようです。

日本などの先進国とは逆に、世界的には人口増加が続いており、さらに経済規模も大きくなって、世界的な食料需要が高まることで原料代が高くなり、さらに、円安の影響も加わったためと思われます。

この他にも、1月からインスタントラーメン類、食用油、ティッシュ、2月に冷凍食品、カレールー、3月にアイスクリーム、冷蔵麺、オリーブオイルなどの食料品、さらに電気・ガス料金も2月から上がる予定。

アウディでも値上げを実施したようですが、これは生活に直撃することもないでしょう。

しかし、このまま円安傾向が続くようであれば、波及に波及を重ね、あらゆる分野で値上げが起きるかもしれません。※報酬上限が決められている不動産仲介手数料は別ですが。

債券市場では長期金利(10年物国債)が過去最低の0.280%(終値)をつけました。

日銀が大規模な金融緩和を行っているためですが、これは市場に出回るお金を増やし景気が好況になったうえでのインフレ・物価上昇を目指したもの。

しかし、好景気は訪れず、円が増えて力が落ちて円安となった結果の物価上昇ということになりました。※インフレ目標という結果は確保できました。

円が安くなったことで、外国からの資金の流入が活発になりました。観光客の増加が目に見える部分だとしたら、外国資本の流入が目に見えない部分です。

株式市場が好況なことに加え、不動産リート市場が世界第二位の規模になったことも円安になったことが影響しております。また、金利が低いことで投資家や金融機関がより活発に動けるようになっています。

現在、都心を中心にビルや物流施設などの事業用だけではなく、居住用、投資用の両面から、外国籍の人の購入が増加しております。

このまま円安が続き、日本の経済規模が縮小していくと、そのうち、不動産分野の面から征服されてしまうかもしれませんね。

[PR]「中古マンション購入パック・売却パック
中古マンションの購入や売却をパック料金で提供するサービスです。(不動産取引の諸経費が軽減できます)
posted by preseek_shibata at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

【プレシーク】年末年始休業のご案内

いつもお世話になっております。プレシークの柴田誠と申します。
本年は格別の御厚情を賜り、誠にありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。来年もさらに内容を充実させ、ご活用頂けるサービスの提供に努めて参りますので、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


╋━━━━━━━━━━━━━━╋
 1.年末年始休業のご案内
╋━━━━━━━━━━━━━━╋


誠に勝手ながら、2014年12月29日(月)〜2015年1月4日(日)まで休業させていただきます。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


╋━━━━━━━━━━━━━━╋
 2.不動産取引支援サービス
╋━━━━━━━━━━━━━━╋


弊社では、従来の不動産会社とは異なる住まい探しのサービスを提供しております。
住宅購入に、お役立ちできる内容がございましたら、ご活用ください。

 1)住宅購入サポート、不動産売却サポート
 2)中古マンション購入パック、中古マンション売却パック
 ※ いずれにも仲介手数料“優遇”サービスの特典付き!
  ▽
 詳細はこちらより:http://www.preseek.jp/buy/fee.pdf


お住まい探しに関し、お住いの選定から住宅ローンまで、
具体的な相談をご希望の方は、お気軽にお申し付けください。

今後ともよろしくお願い致します。

株式会社プレシーク 代表取締役 柴田 誠


[PR]「中古マンション購入パック・売却パック
中古マンションの購入や売却をパック料金で提供するサービスです。(不動産取引の諸経費が軽減できます)
posted by preseek_shibata at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

ワンパターンな住宅政策の公約

争点がないからか、政権交代の可能性がないからか、いまいち盛り上がりに欠ける今回の総選挙。投票率も低くなりそうで、中間予想では自民党圧勝という結果が並びました。

共産党を除き、そもそも立候補していないのだから、過半数を超えるはずもなく、従って、政権交代することもなく、このままの政治が続くことになる。ということで、公約としてみるべきは自民党の内容で、その実現性を考えればいい。※内容がいいかどうかは別です。

自民党の公約のうち、住宅・不動産のことを抜き出してみた。

・物価安定目標2%の早期達成に向け、大胆な金融政策を引き続き推進します。

・大幅に拡充した住宅ローン減税と減税の効果が限定的な所得層に対するすまい給付金の給付措置を引き続き講じます。

・住宅金融支援機構の金利引下げや住宅に関するエコポイント制度の創設等により、良質な住宅取得や住宅投資の活性化を図ります。

・不動産市場を支える制度面の整備により、不動産市場の活性化や投資の喚起を促し、経済再生との好循環を図ります。

・空家の除去や再生支援等空家対策を推進するとともに、住宅評価の客観化、取引情報の透明化、リフォーム産業の活性化等を通じ、中古住宅市場の活性化を図ります。

総括すると、今まで通りのワンパターン、進歩も芸もない。相変わらずの小手先政策です。

金融緩和を続けるということで、当面の長期金利は低金利水準を維持されそうです。中長期的には国債価格や財政状況、景気動向に影響しだいですが、この揺り戻しはあると考えられ、しかも大きなうねりになるかもしれない。

住宅金融支援機構(フラット35)への利息補助、エコポイントなどがまさに小手先でワンパターンの象徴である。建前上、中古住宅やリフォームにも対応しているが、実質的に新築での利用が主となり、結局、新築偏重主義である。

消費税の増税後、住宅着工件数は落ちこみ、建売住宅も在庫が膨らみ、さらに、人手不足(公共工事)や建設資材の高騰(円安)などの建築費が上昇して、住宅系の建築、不動産業界は苦しい状況にある。※ゼネコン、公共系は儲かっている。

景気浮揚効果が大きく、業界からの圧力(飴とムチと泣き)も加わり、なにかにつけ、新築住宅の促進に力をいれる。これしか発想できない単細胞なのかと疑うくらいに。メディアも大手スポンサーのため、新築住宅促進を諌めるような報道はできない。

他の公約では、空き家対策、中古住宅推進などと書いてあるが、結局、政治家の頭の中に住宅政策の構想があるわけでもなく、ただ、うわべ面で耳障りの良さそうな言葉を並べただけになる。※さらに利権がらみで。

少子高齢化社会が進み、空き家も増えて社会問題となるなか、地球環境にも、国民の家計負担にも悪影響が及ぶスクラップアンドビルドの住宅政策をいつまで続けるのであろうか。

いい加減、既存住宅の利用、新築の抑制へと大きく舵取りをしてもらいたいものである。きつい言葉かもしれないが、新築への補助は全廃して、新築はお金に余裕がある人が買う建てる、新築=ステータスというくらいでいいのでは。

住宅新設への財政支出をするくらいなら、既存住宅政策、都市整備などの近い分野、もしくは、教育や保育などの子育て、など他に使っていただければいい。もちろん、借金返済でも構わない。

そして、永遠に実現しないだろうが、都市再生機構(旧公団)、住宅金融支援機構は、もう要らないのではないか。今までの功績に経緯は評するが、住宅余り、住宅ローン獲得競争のなか、住宅部門に官製機関は不要である。※官僚、利権など実現性はありません。

[PR]「中古マンション購入パック・売却パック
中古マンションの購入や売却をパック料金で提供するサービスです。(不動産取引の諸経費が軽減できます)
posted by preseek_shibata at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

政治家が無関心な住宅の課題

今日、衆議院選挙が公示され、12月14日投票までの選挙戦が始まった。選挙戦が始まると、弊社事務所前のバス通りを、選挙カーが業務に差しさわりがでるほどの大音量で名前を連呼しながら右へ左へと走る。

自分の選挙のためなら、日常生活や社会業務がどうなってもいいという勝手さを見るだけで、それだけでその人には入れたくなくなるほどうんざいする。ただ名前を連呼するだけで票が増えると思う政治家が減らないのは、そこまでの有権者だからか。

そういう選挙戦を見ていると、義理・人情・プレゼント(保険営業のGNP)、夜討ち朝駆け、断れてからが営業のスタート、などという一昔二昔前のど根性営業みたいである。(そういう側面もある程度は必要かもしれないが)

さて、選挙戦が始まる前に、各政党の公約が出揃った。「公約は破るためにある」などという暴言を吐いた方がいらっしゃったが、本音が出ちゃったのだろう。毎度、公約は守られないのだから、公約で判断するのではなく、個人なり政党なりを見て判断するしかない。

誰かしらは選ばれるのであり、どうせ選ばれるのならこの人(この政党)がいいかな、もしくは、この人(この政党)だけは落としたいな、という判断に行き着いてしまうのだろう。

空しい論戦かもしれないが、今日から選挙日まで、経済政策「アベノミクス」、消費税増税と社会保障・年金、子育て・教育・貧困などの生活面から、外交・防衛・基地、原発、など、選挙に関わる報道がなされるだろう。

衆議院という国家最高の機関の選挙なのだから、大局的な内容になることは致し方ない。細部は官僚に任せることとなり、官僚を選ぶことはできないのだから、政治家を選ぶことしから手段はなく、人や政党の方向性に頼らざるおえない。

人生最大の出費で、生きていくうえでの基礎である住宅。昨日のラジオで「人が集中しすぎると住宅面積が小さくなり、自然と出生率が減るというデータが出ている」と話題が流れていた。

このように住宅問題は人生や生活に大きな影響を与えるが、選挙で話題になることは皆無である。せっかくの機会であるから、住宅に関して、現在の問題点と変えてほしい内容を個人的な意見として書き出してみたい。政治家(官僚)には届かないだろうが。

1. 空き家問題

本年、急激に話題として取り上げられるようになった。空き家が増えることによる周辺への悪影響、処分できない所有者への重しなどを解決するために、住宅の新設を抑制する政策、中古住宅流通の促進が必要となる。また、今後はマンションの空き家増加に伴い、運営が厳しくなるマンションが増加する。建て替えや売却(マンション整理)がスムーズに進むようにする。

2. 消費税

使い道を精査してから増税だろうと思うが、なぜか社会保障の大義名分のもと、再増税が行われようとしている。建築やリフォーム、法人の建物売却には消費税が課税される。自宅であることが条件として軽減税率の適用、もしくは建物も資産(消費ではない)と考え土地と同様に非課税とする。

3. 住宅ローン

相変わらずの新築偏重の住宅ローン控除。これを築年数問わずの適用にする。もしくは、住宅ローンの利息を所得から控除する恒久的な税制への変更。また、家賃も住宅ローン利息と同様に所得控除できるようにする。さらに、ノンリコースローンを推進し、住宅ローン破綻のリスクを消費者と金融機関で応分に負担する。※金利は高くなる。

4. 都市計画・街づくり

20世紀は、高度成長とともに住宅増やすことと都市を整備し街づくりを推進してきた。少子高齢化、人口減少の21世紀では、住宅を抑制することと同時に、街の集約化など、国家レベルでの判断が必要になる。

厳しいが、すべての地方、すべての街が、日本中で同じように維持していくことは厳しい。地方消滅ということも今年話題になったが、消滅ではなくとも、産業やサービスなど個性的な地方へと変革する必要がある。生き残れるかどうか、地方それぞれの創意工夫と熱意次第になる。

国は邪魔をしたり、利権でダメにしてしまう。お金と権限を与えて、国としては何もしません、というのが一番の良策になる。勇気を持って、何もしません、ダメなところは仕方ない、と口に出してもらいたい。政治がダメだから経済成長したように、なにもしないことが一番。

[PR]「中古マンション購入パック・売却パック
中古マンションの購入や売却をパック料金で提供するサービスです。(不動産取引の諸経費が軽減できます)
posted by preseek_shibata at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

相続税対策と相続対策の違い

今年も残すところ、あと三ヶ月。とうとう相続税の増税時期が迫ってきました。今年の年末、税制では消費税が再増税されるかが注目されますが、不動産市場では相続税の増税が影響を与えそうです。

今回の相続税改正で一番大きく影響するのは、基礎控除額の見直し(減額)です。今年までは、5,000万円+1,000万円×法定相続人数だったものが、来年からは3,000万円+500万円×法定相続人数となる。計算例)配偶者と子2人の場合:今年5,000万円+1,000万円×3人で基礎控除額8,000万円 → 来年以降3,000万円+600万円×3人で基礎控除額4,800万円。このモデルなら、相続財産課税総額8,000万円だと、今年なら税額ゼロだったものが、来年は3,200万円が課税対象となり支払う相続税は330万円となる。

先日、私の父が亡くなったが、自宅も所有せず、預貯金も生活費程度で、保険金も見舞金程度だったため、相続の手続きは煩雑だったものの、相続税の心配は一切する必要がなかった。日本全国、相続税の課税対象となる割合は現在で20人に1人程度で、基礎控除額が減額されても、まだまだ大多数の人は相続税の心配をする必要もないが、今回の改正で影響があるのは、元々の課税対象者と基礎控除額のボーダーライン付近(資産が5,000〜1億円)の人。

不動産を所有している人がなくなった場合、不動産の評価(相続税の課税価額)は実際に売却できるであろう価格(時価)よりも減額されるため、仮に2,000万円の預貯金・保険と3,000万円程度で売れるだろう自宅の所有であれば、自宅部分が減額されるため、相続税の対象とはならない。(上記モデルの場合)

金融資産の額は地域によって評価が変わるわけではないが、不動産(自宅)は地域により評価(価格)が大きく変わる。

弊社がある柏近辺なら、よほどの豪邸でもない限り、自宅の評価が3,000万円(時価ではなく相続税の課税価額)を超えることは少ない。自宅の評価が3,000万円を超える地域(都心や千葉県なら市川や浦安など)では、今回の相続税増税の影響を受ける。ゼロから課税対象になるのだから、インパクトは元々の課税対象者以上かもしれない。

今回の相続税増税を知って試算してみたところ、金融資産4,000万円、自宅評価4,000万円、相続税の課税対象財産が8,000万円と予測され、330万円も相続税が発生するからと、慌てて相続税対策というのは早計かもしれない。

相続税対策は、資産額を変えずに課税対象の評価額を変えることが王道であり、具体的には金融資産を不動産資産へと組み替えることとなる。金融資産4,000万円を不動産へ変換して最大80%の評価減となり課税評価が4,800万円となれば、基礎控除額以内に収まり、相続税対策としては有効だったかもしれない。

しかし、4,000万円の不動産を購入するにあたり、およそ200万円の諸経費がかかれば差し引き130万円を節約したに過ぎない。支払いが相続税ではなく仲介手数料などの不動産購入諸経費になっただけである。

それでも130万円も節約できるからとも思えるが、現在もご存命であれば(相続税対策ということはご存命のはず)、お亡くなりになるまでの生活費や医療費などの負担も考えなければならず、現金を手元に残しておく必要がある。さらに、お亡くなりになったときの葬儀費用や相続後の配偶者の生活などを考えた場合、なおさら現金の必要性が出る。

課税対象額が8,000万円程度あるケースであれば、なにかしらの対策を考えるべきであるが、相続税の減額だけに焦点を絞った対策は後々困ることも出てくるかもしれない。ご存命中からご逝去された後、さらに二次相続(配偶者が亡くなったとき)までトータルで考えてこその相続対策です。大資産家でもなければ、相続税のみの対策ではいけません。広く大きく長く深く考えることが必要です。

※文中の金額は試算値で目安です。各種特例などにより実際の相続税額は変動いたします。

[PR]「中古マンション購入パック・売却パック
中古マンションの購入や売却をパック料金で提供するサービスです。(不動産取引の諸経費が軽減できます)
posted by preseek_shibata at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

わたしと夫の失業日記〜失業夫を立て直す妻の最愛&最強マネジメント

今回は知人が発行した本のご紹介です。

著者である神田さんは、FP(ファイナンシャルプランナー)として独立し、今は企業研修や労働組合の講師業をメインにご活躍されているなか、今月、初めての本を出版しました。

わたしと夫の失業日記〜失業夫を立て直す妻の最愛&最強マネジメント」 わが家の夫の2度の失業体験をまとめた日記です。

わたしと夫の失業日記〜失業夫を立て直す妻の最愛&最強マネジメント

(目次)
第1章 リストラはある日突然に
第2章 早期退職を決意した夫
第3章 退職後に見える風景
第4章 失業家族のヘビーな日々
第5章 悪夢はやっぱり繰り返す
第6章 夫婦で支えるライフプラン
第7章 辞める選択VS辞めない選択

(概要)
住宅ローン、教育資金、失業中の夫へのNGワードなど失業したら、どんな生活が待っているのか? 実際に2度の失業を妻として体験した著者がストーリー形式により、生活にかかるお金の話を書いています。妻として、何ができるのか? 夫は再就職に関して、どのように臨めばいいのか? この本で解決です。

(著者)
東京生まれ、千葉育ち。法政大学法学部政治学科卒業後、総合商社にて貿易事務に携わる。その後、会計事務所、社会保険労務士事務所を経て、ファイナンシャル・プランナーとして独立。2006年に柏FPオフィスを開設(その後、K&K FPオフィスに名称変更)。今までの実務経験と女性の生活感覚を活かし、企業、大学、自治体向けセミナー講師、マネーコラムの執筆等で活躍中。得意なテーマは働く人のライフプラン、わかりやすい金融経済。

アマゾンのサイトはこちらです。

[PR]「住宅購入サポート“プレミアクラス”
住宅購入や住宅ローンの相談に注力して住まい探しをサポートするサービスです。会員には手数料“優遇”特典付きです。
posted by preseek_shibata at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

購入も結婚も、その後が大事

自宅の購入は結婚に似ている。購入も結婚も幸せになるために行い、そのまま幸せになる方もいれば、残念ながらそうはならなかった方もいる。

肝は目的と手段を区別すること。”購入する”、”結婚する”、その行為を目的と勘違いしてしまうと失敗しやすい。

自宅の購入も結婚も、その後の幸せな生活、人生を送るための手段でしかない。

購入も結婚も、その行為を目的とした場合、見た目のかっこよさ(ブランド)に惚れたり、他人に話したときの優越感を満たせるように動くことになる。

必然的に、購入や結婚という行為が目的だから、いかに購入時、結婚時の満足を高めるかに力点がおかれ、他の不動産や人との比較で判断しがちとなる。

長く続く買った後、結婚後の将来ではなく、買うとき、結婚するときの現在を見ているため、住宅購入では買えるかどうかで判断された資金計画になり、結婚ではその後の生活を考えずに結婚費用に散在してしまう。

購入できて、結婚して、優越感に浸れても、その後の生活が火の車になったり、つまらない日常を送ることになっては、本末転倒になる。

当然、両方を兼ね備え、また、兼ね備わっていると思っているのだろうが、結婚はともかく、自宅の購入では、それはちょっと違うのではないかと思うことは多い。

こっちの方がいい、あっちの方がいい、これはダメ、あれはダメと、不動産の比較論評を、結婚に例えれば、この人がいい、あの人がいい、この人はダメ、あの人はダメ、と人物論評しているようなもの。

他人から見てうらやむ不動産、うらやむ人かどうかではなく、自分にとって合っているかどうか、(一般的には)自宅の購入も結婚もたった一度、万人に受けるかどうかではなく自分に最適な家や相手であればいい。

一般の方とは別格のお金持ちであれば話は違うのかもしれないが、普通はあれもこれもと考えれば、購入資金は高くなる。結婚なら、対外的には満足しても、日々の生活で苦労することになる。

話が支離滅裂となってしまいましたが、お伝えしたいのは、買って終わり、結婚して終わりではなく、買って始まる、結婚して始まるということ。

購入時、結婚時に100点かどうかではなく、その後の人生を歩んで、点数を加えていき、最終的に100点になるかどうか。

大きな危険が迫った家の中で、そうとは少しも気づかずに遊びに夢中になっている人々のことを火宅の人と呼ぶそうですが、将来に危険性がはらんでいることに気づかず、購入や結婚の行為に夢中になりすぎているのも似ている。

ちょっと一歩離れてみて、冷静に考えて、自分のこと将来のことも俯瞰しながら、高望みをせず堅実に、欠点も包みこんで築き上げていくというのではいかがでしょうか。

がんばって、がんばって、稼いで、稼いで、でもいいのかもしれませんし、購入も結婚もしなくてもいいのかもしれません。

[PR]「住宅購入サポート“プレミアクラス”
住宅購入や住宅ローンの相談に注力して住まい探しをサポートするサービスです。会員には手数料“優遇”特典付きです。
posted by preseek_shibata at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

不動産と沿線の肝を握るのは鉄道

東京スカイツリーの開業に伴い、東武伊勢崎線の呼び名を東武スカイツリーライン(愛称?)へ変更し勢いに乗る東武鉄道。

東武東上線は副都心線を経由し横浜(みなとみらい、中華街)まで直通運転を開始し、有楽町線との直通運転との並存で都心通勤のベッドタウンとして発展している。

伊勢崎線と東上線で埼玉県から都心へとつながる路線が中核をなす東武鉄道の路線網だが、この他の路線は栃木県を中心としたローカル色が強く、更なる発展を目指すために東武鉄道は東武野田線の強化を図るようだ。※都心の下町色が濃い亀戸線もある。

スカイツリーラインで味をしめたのか、今年の4月より東武野田線に「アーバンパークライン」という愛称をつけた。この愛称は都市と公園をつなぐという意味合いらしい。

不動産の情報は路線・最寄駅を基準に整理されており、路線名称が変更となると大騒ぎとなるが、今のところ、特に染み渡ることもなく、平穏に日常は過ぎている。

新型車両も投入し、愛称もつけて、東武野田線を第三の中核に育てようという意向を感じてはいたが、先ごろ発表された東武鉄道の中期計画でも明確に打ち出されていた。

千葉県の船橋から柏、春日部を経由し大宮まで繋がる東武野田線は、すべて各駅停車の運行となり、首都圏の生活路線にも関わらず単線区間が残り、沿線には農地が多く残っているなど、郊外色が濃い。

東武野田線を通勤で利用する場合、都心へと繋がる路線への乗り換えが必要となり、通勤時間を重視する傾向が強まる昨今、現状のまま何かしらの手を打たなければ沿線からの人口流出に繋がってしまう。

沿線の人口流出は、鉄道事業に加え、さらに、スーパー、スポーツジム、宅地開発などの沿線事業にも含めて、東武鉄道グループ全体へ大きな影響を及ぼしてしまう。

東武野田線の利便性などを向上させる具体的な内容は、六実駅〜逆井駅間の複線化、大宮駅〜春日部駅間の急行運転実施、東武伊勢崎線との直通運転など。

六実駅〜逆井駅間の複線化が実現すると、総武線船橋駅〜北総線新鎌ヶ谷駅〜常磐線柏駅間がすべて複線化となり、列車の待ち合わせ時間がなくなることから所要時間の短縮と本数増加が期待される。

大宮駅と春日部駅間の急行運転、さらに、伊勢崎線との直通運転がなされると、都心へ1本(日比谷線)でつながることも含め、通勤時間の短縮が大幅に短縮される。

通勤時間が短縮されると、都心への通勤する世帯を沿線に誘引する効果が生まれる。沿線に住みたい人が増えれば、自然と不動産価格にも反映され、街が発展することによりさらに人を呼ぶという好循環が生まれる。

つくばエクスプレスのような鉄道の新規敷設による効果までは期待できないが、これから不動産を購入する人は、今後、街が発展して生活しやすくなるか、資産価値が保たれやすいか、などの将来性も考えられればなお良い。

今朝、2040年には半数近くの自治体が人口減少による影響で消滅してしまうかもという内容のニュースが流れた。生き残りをかけ、自治体、沿線で、人の奪い合いが始まろうとしている。

日本全体で地域による格差が生じ始めているが、もっと細部の自治体、沿線でも、勝ち組、負け組に分かれることになるのだろうか。暮らす地域がどちらに属するか、重要度は増しそうである。

東武野田線:船橋駅(総武線)〜新鎌ヶ谷駅(北総線・新京成線)〜柏駅(常磐線)〜流山おおたかの森駅(TX)〜春日部駅(東武伊勢崎線)〜大宮駅(東北本線)を繋ぐ62.7km。

[PR]「住宅購入サポート“プレミアクラス”
住宅購入や住宅ローンの相談に注力して住まい探しをサポートするサービスです。会員には手数料“優遇”特典付きです。
posted by preseek_shibata at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする