2008年03月21日

QA91:住宅ローン特約の取り扱い

本日、メールにて匿名の相談がありました。メールを返信しましたところ、エラーで戻ってきましたため、もしブログをご覧になればと思い、返信内容を掲載します。(今回は相談が来てしまったので簡略にですが回答しましたが、本来は面談での相談が原則ですのでご了承ください)

[相談]

メールでこうして伺えるのか不明ですが失礼します。

実は提携ローンについて知りたいのですが今一分かりません。
私達は先日契約をしてきましたがローン特約の欄にある金利の欄の『実行時』が気になっています。

ローンが下りないかも知れなそうな私達に 無理やりやや高い金利を使ってローンを下ろしてしまう事はあるのでしょうか?ちなみに銀行名は・・・銀行と・・銀行の名前が入ってます。

[返信]

取引の詳細が不明のため、一般論の回答になることをご容赦ください。

ローン特約の金利欄に実行時と記載されるのは、住宅ローンの金利が確定するタイミングが、売買契約時や住宅ローンの申込時ではなく、融資を実行される時にあることからです。

住宅ローンの金利は月ごとに見直されるため、契約・申込時と実行時で月がまたぐ際、金利を明確な数字で記載することはできず、実行時の金利が採用されますと記載するほかありません。まず、この記載方法について、ご理解ください。

また、一般的な金利水準よりも高い金利になる住宅ローンを無理やり利用させるかどうかは、取り扱う不動産会社と金利の乖離幅次第でしょうか。

・・・銀行や・・銀行では、審査の可否と金利選択に連動はないと思われますので、例えば、審査がダメなら金利が高い低いに関わらずダメ、審査OKなら銀行が打ち出している金利タイプを選択できると思います。店頭に公開しているキャンペーンなどは利用できると思われます。ただし、個別の優遇具合についてこの限りではないです。

一般論なので確証ある回答はできませんが、一般的な基準を大幅に上回る金利になるような金融機関であれば、お客様の意向を無視してまで、強引に推し進めることはできないのではと思います。

以上、長文になってしまい、申し訳ございません。なお、匿名でしたのでどなた様か分かりませんでしたが、弊社及び提携オフィスのお客様でしたら、お申し出ください。改めて、ご回答させて頂きます。よろしくお願い致します。

[PR]不動産購入、住宅ローンの相談はこちらへ
posted by preseek_shibata at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産QA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック