2005年10月27日

不動産購入サポートパック

どこか旅行へ行くときは、地図やガイドブックを参考にし持って行くのに、旅行よりも数十倍も高い住まいを探しに行くときは、地図もガイドブックも持たない人が多い。自己の資金力から不動産の知識や市場まで、しっかりと計画を立て、自分のたどるべき道筋をしっかりたどれば、最適な住まいが見つかります。

「こんなことなら買わなければよかった」とならないように、お薦め出来ない物件や購入の場合、「オススメ出来ません」とはっきりアドバイスします。

はじめまして、「プレシーク」代表の柴田 誠と申します。

いきなりですが、先日ご相談を受けましたケースをご紹介します。

先日のご相談で、現在の自宅を売却して新しく購入したい方がいらっしゃいました。住宅には100%の満足はないと言われるとしても、まだ購入してから日が浅く建物も新しい(新築マンションを平成8年頃にご購入)のに、なぜこのような希望が出てきたのかお伺いしますと、「狭くなった」「一戸建てに住みたい(現在マンション)」「ローンの月々返済額を減らしたい」との理由です。

この方がどうなったかご説明しますと、マンションの売却価格よりもローンの残高が大幅に上回り、月々の返済と教育費などからローンを返しきれるほどの自己資金を貯める余裕もなく、ローン残高が減り自己資金が貯まるまで、もうしばらく我慢しようということになりました。(私も辛かったです)

とても真面目で慎ましいこの方がどうしてこのようになってしまったのでしょうか?それは「マンションブームに乗り、これからの生活をあまり考えずに飛びついた」ことと「史上最低金利で今買わないと損」などの営業攻勢などによるものです。このマンションを販売した会社は通常の営業活動をしただけですが、このことを自己責任だからと片付けてしまうのは、あまりにも厳しい。

そこで、新しい時代の不動産サービスをご用意しました。この「不動産購入サポートパック」は、不動産購入に際してのセカンドオピニオン※的な役割をするサービスです。この「不動産購入サポートパック」を利用することにより、しっかりと将来を見据えた不動産購入ができ、このような後悔する不動産購入を未然に防ぐことが出来ます。

※セカンドオピニオンとは、専門家が第三者の立場で助言や調査をするサービスです。

◇不動産購入サポートパックをお勧めする方

・いきなりの物件探しではなく、まずはこれからどう暮らしていきたいか、自分にあった住まいはどういうものなのかという基本中の基本から不動産の専門家にじっくり相談したい方

・住宅ローンの返済が大丈夫なのか不安、資金計画がこれから、現在所有する家に住宅ローンがあり希望する物件が買えるか見極めたいなど、資金計画やこれからの生活をじっくり相談してみたい方

・自分達の生活、通勤、学校、実家からのアクセス、周辺の環境、相場、希望から、どこがベストな地域か探している方

・今探しているもしくは検討している物件が、ほんとうに自分達に合っているか見極めたい方、不安な方

今まで利用された方の生の声をご覧下さい。

不動産営業経験14年のプロがベストな住まいを、不動産実務に強いファイナンシャルプランナー(お金に関するアドバイザー)が資金計画を、地元で暮らし(千葉、船橋、松戸、柏、流山など)地元で働く(松戸、我孫子、柏など)地域に根付いた担当が最適なエリアを、総合してアドバイスとサポートをすることにより、後悔しない不動産購入が出来ます。

《サポートパック利用料金》
追加なしの税込10,000円 ※平成18年より30,000円へ改定予定
※初回面談は無料です。まずはどんな不動産屋さんなのかを見極めなければなりません。それがスタートです。一度お会い頂き、この会社(人)に依頼できるかご判断下さい。お客様の許可無く有料サービスは致しません。提携ハウスメーカーよりご紹介の場合は、無料にて利用できます。

この10,000円には、1.不動産購入相談・住宅ローン相談・保険見直し相談(各相談料1回につき面談5,000円)の無制限利用 2.不動産購入ハンドブックCD-R完全収録版(税込み3,000円) 3.個別不動産についての助言 4.住宅ローンとライフプランのシミュレーション 5.各専門家への連携と手配 が含まれています。

さらに不動産購入サポートパックをご利用された方は、通常の場合(取引価格×3.15%+63,000円)より安い仲介手数料率で弊社へ不動産仲介業務を依頼できます。当然ですが、弊社以外の不動産会社を通して購入された場合は、弊社への仲介手数料は不要です。

そして、この10,000円だけで、あなたは、不動産のプロをガイドとして雇うことができ、安心して住まいをご購入出来るようになります。

ファーストユーザーにこそお薦めする「サポートパックを利用した購入法」の手引きと流れ

よくあるご質問1:住まいを探す地域がエリア外で、相談を目的にお願いすることはできますか? [回答] はい、可能です。サポートパックを利用し、他の不動産会社から購入される方も大勢いらっしゃいます。面談の必要がある際は、対応エリア内でお願いします。

よくあるご質問2:不動産購入相談とサポートパックの違いは何ですか? [回答] サポートパックは、不動産購入相談を含めたトータルサポートです。不動産購入相談の場合、一回ごとの相談になります。依頼される内容により、適切なサービスをご提供致します。

注意事項1:初回面談は事前のご予約が必要です。早く相談したいお気持ちは分かりますが、他のお客様のサポートもございますので、ご理解下さい。
注意事項2:サービスのクオリティを維持するため、フォロー中組数の上限を設けております。
注意事項3:不動産の特性上、業務エリア外でのご利用は出来ません。(現在対応可能なエリアは、柏市、松戸市、流山市、我孫子市、鎌ヶ谷市、白井市、船橋市、市川市、八千代市、印西市、野田市、取手市、守谷市、葛飾区、江戸川区です)

大多数の不動産会社(規模が大きくなればなるほど)では不動産の優劣に終始し不動産の比較に重きを置いており、お客様にとってどの不動産が良いのかという点から考えた営業をする私のようなスタイルは稀だと思います。

平成16年春に全国の不動産会社代表や営業責任者を集めた記念講演で、このような営業方法を発表しましたところ、かなりの反響がございました。その一部をご紹介させて頂きますと、「営業の基本を思い出した」「理想としては分かるが真似しづらい」「地区の各不動産会社を集めた会議で紹介しました」などです。ある大手不動産会社社長は、「新しい時代が来たかな、ニュースターだ」とのお言葉まで頂きました。

この営業スタイルを始めたのは、ご紹介した例のような失敗を出来る限り減らしたいとの思いからです。そして、皆様にアドバイスするノウハウは、今までの10年以上に及ぶ不動産取引に携わる中から構築されたものです。決して机上の空論ではないんです。

この不動産購入サポートパックを利用された方は、こんな不動産を購入しました。

まずは、「不動産購入サポートパック」の詳しい資料を請求して内容をご覧頂き、そのあと進めていくかは、あなた様のご判断でお決め下さい。無理におすすめはせず、資料請求後に催促の連絡は一切致しません。もし、後悔しない住まい探しをとお考えであれば、共に考え、そして共に探していけばうれしく思います。

この不動産購入サポートパックが、きっとあなたの住まい探しを成功に導くガイドブックになります。

お問い合わせはこちらから
posted by preseek_shibata at 19:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 不動産購入応援サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

本当の「お薦め」
Excerpt: 「すし善」社長の嶋宮勤氏がプレジデント誌で、接客についての哲学をお話ししています。 初めていらした方には「おまかせ」では握りません。しかし、常連には握ります。それは差別しているのではなく、「おま..
Weblog: 不動産購入応援ブログ[不動産の市況と動向、住宅ローン]
Tracked: 2006-04-11 19:12