2018年12月09日

在宅ホームステージング事例

ホームステージング.jpg

弊社が提携している「売却の窓口」の本部会社である
価値住宅が取り組みました事例が紹介されております。
http://diamond.jp/articles/-/173674

■費用に見合う効果はあるのか?

人の物件に対する印象は、最初の数秒で決まるとも言われている。

ホームステージングによって高額で早期に売れるのであれば、
ぜひ取り入れたいところだ。

ただし費用として、在宅しながらであれば5万円以上、
空室であれば20万円以上かかる。

費用を支払った以上のメリットがあるかどうかは計算しにくく、
二の足を踏んでいる人も多い。

■在宅のままホームステージング

お片付けのお手伝いと、倉庫でのお荷物一時預かりサービスを行います。
クリーニングやステージングをすることで、
インターネットに掲載する写真の見栄えがよくなり、注目されます。
内覧希望者の全体数を増やすことが、早く売れることに繋がるのです。

1)溢れかえる物の“断捨離”

物で溢れかえっていたリビング・ダイニングは、
「大量の物に囲まれている部屋」から、
「物が少ないすっきりとした、明るい部屋」に生まれ変わった。

2)生活感を消す

内覧会で失敗しがちなのは、生活感がありすぎて、
内覧者が目のやり場に困ってしまうことです。
それでは、物件を思う存分視察することができないので、
気に入ってもらえる可能性も少なくなってしまいます

3)新しい生活のシーンを想像させる

物が減ったことでキッチンが見違えるように綺麗になり、
広さが感じられるようになった。
もちろんゴミ箱も(一時的に)撤去した。

さらに「新しい生活のシーンを提案」するため、
キッチンには、大ぶりのティーポットと、
カップアンドソーサーをさりげなく置いた。
マンションのモデルルームでよくみる、
ティータイムを想定したシーンだ。

■ホームステージングした写真で販売図面を作成

同じマンションではすでに売り出されている住戸が複数あったが、
その販売図面を見ると、マンションの外観と間取り図が載っているだけ。
ポータルサイトへの登録ページを見ても、
ピンボケの室内写真が一点ある程度で、魅力は感じられなかった。
少なくとも、販売図面を見る限りは、「内覧してみたい物件」ではなかった。

■ポータルサイトでも、まずまずの反響

ホームステージングの画像をアップすることで、
一定の注目を集めることはできたようだ。

■わずか1週間で売却!

担当者からは「ホームステージングしたときと
寸分と違わないように、綺麗にしてください。
それだけで印象がかなり変わります」と念を押されたので、
バイオリンや造花まで、ホームステージングをしたときと同じ位置に置いた。

内覧者はすべての部屋を20分ほどかけて、隈なく見学した。
ホームステージングの効果もあってか、
盛んに「きれいに使っていますね」と言われた。
リビング・ダイニングに入ったときは、
「ほおー」と息を漏らし、感心した様子が伺えた。
ホームステージングによる効果が感じられた瞬間だった。

■ホームステージングはライバルに差をつけるための必要経費

ホームステージングをすれば、高く、早く売れるとは限らないが、
少なくともイメージアップにつながるのは間違いない。
特に同じマンション内に売り出し中の物件があるなど
競合する相手がいる場合は、
「ライバルに差をつけるツール」として有効という実感を得た。

マンションを売る時には、ホームステージングも一選択肢として検討するといいだろう。

事例紹介ページ:http://diamond.jp/articles/-/173674

料金のこと、効果のこと、手配などのことなど、
自分の家・マンションならどうだろうかと思われましたら、
お気軽にお問い合わせください。
posted by preseek_shibata at 12:42| Comment(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント