2018年12月09日

売主の瑕疵担保責任

5e9b19a52020b59a1bfa783757e8916f_s.jpg

中古住宅の売買で、一番の肝となるのが、
「売主の瑕疵担保責任」です。

売買契約条項の中に「売主の瑕疵担保責任」があります。

買主は、瑕疵によって売買の目的が達せられない場合は
売買契約を解除することができ、
また、損害がある場合は売主に請求することができます。

売主の瑕疵担保責任の期間は、
個人間売買の場合は3カ月と定めるのが一般的です。
(国の標準約款で記載されている)

この約款で、建物については
「雨漏り」「シロアリの害」
「構造上主要な部位の木部の腐食」「給排水管」が対象範囲で、
引渡し後、期間内に瑕疵が発見された場合には、
売主の責任において修復等をしなければなりません。

売主としては、
売却しても期間限定とはいえ、
何かあったら負担しなければならないのか、
というご不安を抱かれると思います。

これをカバーするのが
「既存住宅売買瑕疵保険(以下かし保険)」です。

かし保険の対象範囲は
「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」で、
構造耐力性能または防水性能における「隠れた瑕疵」が保険の対象です。

ここにオプションで、白蟻と給排水管路まで加えると、
瑕疵担保責任をカバーすることができます。

かし保険に加入するためには、
資格者による点検調査が必要です。
(生命保険と同じ)

検査の結果、加入不可という結果が出る場合がございます。
病気と一緒ですが、発覚するのは怖いかもしれませんが、
発覚したからこそ対処することができ、トラブル防止になります。

また、保険に入れればベストですが、
検査をしていることだけでも、
買主側にはプラスの印象を与えることができます。

戸建て、マンションの売り方、状況により、
どのように対処すればいいか異なりますので、
査定や販売開始の際にはお気軽にご相談ください。
posted by preseek_shibata at 11:42| Comment(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント