2018年12月09日

オリンピックによる不動産市場への影響

cd1f4709add2ab90db8ca6b0f9718a8d_s.jpg

「不動産価格は東京オリンピックまでは上昇し続け、
 オリンピック後に大きく下落する」という、
 まことしやかなうわさが流れました。

このうわさについて、
先週、ご売却をご相談されました複数の方から、
見解を求められました。

私見ですが、このうわさについて懐疑的です。

オリンピック開催地では、
競技場や選手村の建設、インフラの整備を行います。
そのインフラ投資の影響で、地価が上昇したり、
雇用が創出されたりして、一時的に景気が良くなります。

しかし、2012年にロンドンオリンピックでは、
後に「オリンピックが不動産市場に与える影響はなかった」と発表しています。

オリンピックの経済効果が高いといっても、
もともとの経済規模が大きければ、オリンピック程度の特需では、
社会や不動産への影響は大きくないのです。

よって、オリンピックにより、
不動産市場が大きく上昇したり、
その反動で大きく下落したりすることは限定的です。

それよりも、
2019年10月の消費税増税、
長期的な人口減少、
新築住宅の大量供給による在庫過剰、
今までの住宅ストックのだぶつき、
需給関係の悪化、購入側の資金力低下など、
根本的な要因により影響を受けます。

今後、増税前に駆け込み需要で、
不動産価格が押し上げられるかもしれません。

しかし、それも一瞬で、
中長期では下落トレンドであることは変わりません。
posted by preseek_shibata at 11:38| Comment(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント