2016年01月04日

平成28年1月実行分の住宅ローン金利

各銀行より平成28年1月実行分の住宅ローン金利が発表されました。
主要銀行の主な1月実行金利は、以下の通りです。

◇千葉銀行
変動金利:0.775〜1.175% ※1
10年固定:1.100% ※2
全期間固定:1.910%
※ 保証料要。
※ 借入・審査内容により優遇条件の見直しあり。
※1 店頭金利より▲1.3〜1.7%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.75%
※2 期間限定キャンペーン

◇京葉銀行
変動金利:0.975% ※1
5年固定:1.400%(キャンペーン中)※2
10年固定:1.500%(キャンペーン中)※2
全期間固定:2.000%
※ 配偶者が保証人となれば、保証料不要。(期間限定)
※ 日常生活賠償責任保険(家族全員)付(保険料銀行負担)
※ 交通事故死亡保険(本人のみ100万円)付(保険料銀行負担)
※1 店頭金利より▲1.5%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.2%

◇千葉興業銀行
変動金利:0.775〜0.975% ※1
10年固定:1.250〜1.550%
※ 保証料要。
※ 借入・審査内容により優遇条件の見直しあり。
※ がん保障(保険料は銀行負担)付
※1 店頭金利より▲1.5〜1.7%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.4%

◇三菱東京UFJ銀行
変動金利:0.625%〜0.875% ※1
10年固定:1.100% ※2
全期間固定:1.620%〜1.690%
※ 保証料要。
※ 金利優遇幅は借入・審査内容次第で可変。
※1 店頭金利より▲1.5〜1.7%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.4%

◇みずほ銀行
変動金利:0.625%〜1.075% ※1
10年固定:1.050%〜1.500% ※1
全期間固定:1.740%〜1.870%(借入期間による)
※ 保証料要。
※ 金利優遇幅は借入・審査内容次第で可変。
※1 店頭金利より▲1.4〜1.7%

--

1月の住宅ローン金利は、昨年12月の金利水準とほとんど変わっておりません。もうこれ以上ない低水準状態ですが、住宅ローンを獲得するため、各金融機関にて動きがございました。

まず、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行のメガバンク系で、今までほとんど動かなかった変動金利型で動きがございました。店頭金利(金利水準)は変わらないのですが、優遇幅を見直し、「優良なお客様」のみ限定して、さらに優遇して貸出金利を低くしてきました。住宅ローンを借りる方の4割は変動金利と言われ、その主要層へのアプローチかと思われます。

また、地方銀行系では、京葉銀行が従来の保証料無料対応に加えて、日常生活賠償責任保険(家族全員)、交通事故死亡保険(本人)を銀行負担で付帯しました。千葉興業銀行では従来より、がん保険(保険料銀行負担)の付帯をしております。

本年初日、長期金利は0.270%、日経平均株価は19,000円切りと、今年も低金利状態が続くのかと思わせる出だしでした。

[PR]「不動産の購入・売却ならプレシークへ
不動産の購入や売却を全面バックアップ。サイトでは多数のコラムを掲載しております。仲介手数料を最大半額優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンとお金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック