2015年03月14日

常磐線東京駅乗り入れで影響が出るか

3.14、北陸新幹線の開業を迎え、テレビ局では1番列車から中継などを交えるなど、朝から報道合戦が繰り広げられた。

この北陸新幹線(東北・上越)の上を通る「上野東京ライン」も本日同時に開通した。

北陸新幹線の開業が北陸地方の悲願であったように、常磐線沿線の方々には上野東京ラインの開通が悲願でした。

上野東京ラインは、常磐線(松戸、柏、我孫子、取手、土浦、水戸など)の列車に加え、宇都宮線、高崎線の上野行列車が、東京駅、新橋駅、品川駅へと直通運転する路線です。

※乗り入れる列車は一部に限定されます。これは、三路線すべてで直通運転すると駅や東海道線のやりくりもつかなくなるためです。

赤羽以北の宇都宮線・高崎線(浦和、大宮〜)は、先に開業している湘南新宿ラインで、池袋、新宿、渋谷を経由し神奈川方面へと直通運転をしています。

常磐線と同じ千葉県と都心をつなぐJR総武線も、東京、新橋、品川を経由し横須賀線(横浜)へと直通運転をしており、総武緩行線は御茶ノ水を経由し新宿方面へと直通運転しています。

しかし、常磐線はすべて上野止まりで、山手線のターミナル駅へのアクセスが他の路線よりも弱かった。これに伴い、経済力も他路線の地域よりも弱くなってしまっていました。

正直なところ、すべての列車が東京、新橋、品川まで運転するわけではないので、根っこから盛り上がるほどの力はないと思われます。

現に、不動産市場でも、上野東京ラインの開業で東京駅方面への直通になることを見越した需要は出ておりません。※市場を動かすほどでは。

今回の開通で、東京駅方面へのアクセスが良くなったことは間違いありません。

今まで上野駅で乗り換えをしていた宇都宮線、高崎線の乗客が、そのまま東京駅方面へ向かうことから上野駅の乗り換えもしやすくなります。

時間はかかるかもしれませんが、この効果がじわじわと現れることに期待したいと思います。

※浦和・大宮方面も交通利便性が高まり盛り上がりそうです。武蔵小杉よりも利便性は高いはずです。上野駅は乗降客が減ってしまいそうですが影響はあるのでしょうか。

[PR]「中古マンション購入パック・売却パック
中古マンションの購入や売却をパック料金で提供するサービスです。(不動産取引の諸経費が軽減できます)
posted by preseek_shibata at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック