2007年02月02日

住宅ローンをインターネットで調べる

 住宅金融公庫が実施した顧客アンケート調査結果によると、住宅ローン利用予定者の63.6%が住宅ローンに関する金利情報などの主な入手先として「インターネット」を挙げ、2位の金融機関を引き離して1位になっているそうです。

 インターネットで住宅ローンに関する情報を集めて、さまざま住宅ローンを比較検討し、「金利の安い住宅ローンを見つけたい」と考えてる方も多くいらっしゃるでしょう。

 しかし、実際にインターネットで「住宅ローン」のキーワードを検索してみると、285万件以上もヒットしたりと、大変多くの情報が氾濫しているのが現状です。

 全てのサイトに目を通すことは不可能ですし、自分の求めている情報を探すだけでも一苦労です。住宅ローン情報系のサイトばかりでなく、金融機関や不動産企業のホームページもあります。

 住宅ローンの金利情報などを上手に比較するには、これらのサイトの情報の「質」そのものを見極めるのが、非常に重要といえるでしょう。情報の質を見極め、信頼できる情報にたどり着けるれば、住宅ローンの比較もラクになるといえるのです。

 大量の情報が氾濫しているインターネットから、自分の求めている情報を探すだけでも一苦労です。まずは、知りたい住宅ローンについての情報を、絞り込むことが重要です。

 インターネットで、簡単に、賢く住宅ローンを比較する方法をひとつ紹介します。

 他の人の借り方や、一般的な借り入れに対して、どのようなアドバイスがあるのか等、「他の方の事例」や「一般的なアドバイス」を知りたいときには、読み易さを重視した「Yahooファイナンス」や「goo住宅不動産」などのポータル系のサイトがお勧めです。

 毎月の金利情報や、新しいキャンペーン情報など、毎月変動する住宅ローン金利について詳しく知りたい方は、住宅金融公庫や金融機関のホームページをのぞいて、それぞれ比較してみましょう。

 ただし、各金融機関のホームページでキャンペーン情報をチェックするときは、まずその金融機関の店舗所在地を確認することを忘れないで下さい。せっかく、金利がお得な住宅ローンを見つけたのに、購入物件は融資対象地域に入っていなかったという残念な結果にならないよう、注意しましょう。

 インターネットで「住宅ローン 比較」を検索すると、130万件以上ヒットします。住宅ローン比較専門のサイトも多数検索できますが、中には情報を鵜呑みにすべきでない「危険サイト」も混じっているので、注意しましょう。

 また、金融機関がインターネット上に掲示している住宅ローンの金利は、あくまでも「一般的な」金利ですので自分に当てはめて考えないようにしてください。住宅ローンは「審査」によって、金利が上昇したり下降したりする可能性があります。

 最近では、インターネットでの比較サイトが、簡単に儲ける手段として、サイト数が増加傾向にあります。しかし比較サイト、特に金利に関する情報の質はあまり高いとはいえないのが現状です。

 当然、詳しくまとめ上げ、専門化顔負けの知識で解説してくれる優良なサイトもありますが、特定金融機関のバナーが貼ってあるだけというものもあるので、注意して比較サイトを選ぶようにしましょう。

[PR] 「不動産購入サポート
お申込頂いた方だけがご利用頂ける不動産購入のプレミアムサービスです。不動産、住宅ローン、保険見直しなど、不動産を購入する際のさまざまな場面にあわせて、多彩なサービスをご用意しております。
posted by preseek_shibata at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンとお金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32663053

この記事へのトラックバック