2006年06月05日

S 様

<新居計画と出会い>

子供が幼稚園へ通う年齢になること、住宅減税が適用されること等から、H16年中に家を建てようと思い行動を開始したのが1月の末でした。
 
不動産について何も知識がなく、不動産会社にも知人がいないとから、ハウスメーカーに土地も探してもらうことに決めました。その理由は、街で見かける不動産会社がどうしても信用出来なかったからです。いつ見てもチラシが窓一杯に張り巡らされ事務所内が殺伐としており、とても素人が事務所内に入りやいすとは思えず、色々な口実をつけて騙されるのではないか?と心配だったためです。一般のサラリーマンであり財力に乏しい私にとっては人生一度の大勝負であるため、絶対に失敗は許されないことから大手ハウスメーカーに決定した次第です。

早速、希望する場所の物件資料についてハウスメーカーの営業担当より説明して頂いたのですが、その際にこの不動産会社の社長は、自分の目で見て納得できる物件しか人に紹介しないんです。と言われましたが初めは仕事なんだからそんなの当たり前じゃないかなと内心思いつつ打合せを重ねて行き、直接「柴田さん」にお会いして色々と話をさせて頂いているうちに、柴田さんは常にお客様指向であり、私が何を望んでいるのかを常に考えて下さっているというのが分かりました。(普通の不動産会社は金銭的なメリットしか考えてなく、お客さんが新居を構えた後のことなんか考えてくれないと思いますが柴田さんは明らかに違いました。)
 
数件の物件資料について説明して頂いたのですが、一番印象に残っているのは、その物件資料の他にも同じような条件のものが手元にありますが「私が現地を確認していないのでお勧めするわけにはいかないです。」ときっぱり言い切ったことであります。人に物を勧めるにはまず、自分が確認しないとメリット・デメリットをお客様にお伝えすることが出来ないとも言われていたと記憶していまし、更には、お客様も色々な物件を現地で確認して、資料では読みとれない事項を肌で感じられるよう「場数を踏んで下さい。」とお願いされました。ただ単に、この物件は良いです。私が責任をもってお勧め致します。なんて言われるより説得力があり、本当に一緒に良い方向に行くように考えてくれている。この人だったら信頼できると実感した次第です。

結果、柴田さんに勧めて頂いた物件に決めたのですが、偶然にも柴田さんのご自宅の近所でありました。わざわざご自宅の新聞折り込み広告を郵送して頂き地域の情報を教えて下さったりときめ細かい心遣いにはいつも感心します。不動産会社とは、ただ単に土地を売れば終わりというのではない。お客様が今後生活される大切な空間であるという情熱あるお考えが伝わってきます。正式な売買契約の際にも素人の私に分かりやすく噛み砕いてご説明していただき安心して契約行為を行うことができました。

売買契約の終了後にもエンドユーザーのために電波障害に関して精力的に行動していただき感謝しております。普通の不動産屋だったら、土地を売って終わりという感じではないでしょうか?
柴田さんにお会いする度に、将来を見据えた奥深いお考えに感服致します。

手数料が非常に安いのも助かりました。社内融資の手続き時に、融資担当者が「仲介手数料が何でこんなに安いの?」間違っていないですよね。と何度も確認し本当に驚いていました。

今回は、柴田さんと知り合うことができ、非常に良い物件に巡り会えたことに感謝致します。柴田さんとはご近所ということで、これからも色々と地域情報を教えて下さい。末永いおつき合いをお願い致します。よろしくお願いします。

※今後、土地をお探しの方には、「柴田さん」を推薦します。
本当のプロの目で色々と相談に乗って頂けると確信しています。
posted by preseek_shibata at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック