2010年04月04日

柏市の公示地価2010

国土交通省より2010年の公示地価(1/1時点)が発表されました。

≪国土交通省が発表した東京圏・近郊住宅地の概要≫

 住宅地、商業地ともに全都道府県とも下落となった。全国平均の下落率は住宅地が4.2%、商業地が6.1%で、前年を上回る下落率となった。

 半年ごとに地価を把握できる地点(都道府県地価調査との共通地点)で見ると、三大都市圏では、昨年前半よりも後半の方が下落率が小さくなっている。

 金融危機の影響と景気後退が影響した。個人の所得は減少し企業収益も低迷、実需、投資市場とも縮小し全面的な下落となった。

 一時取得層の住宅潜在需要の大きい大都市圏の近郊では、下落幅が縮小している。一方で、商業地はオフィスの空室率が上昇するなど厳しい環境にある。

平成22年3月18日:国土交通省土地・水資源局

≪柏市の公示地価≫

・柏市あかね町21−5(158,000)152,000 ▼3.80%
・柏市あかね町3−2(146,000)141,000 ▼3.42%
・柏市あけぼの2−5−23(149,000)143,000 ▼4.03%
・柏市あけぼの3−5−21(155,000)150,000 ▼3.23%
・柏市しいの木台5丁目34番32(99,000)95,500 ▼3.54%
・柏市つくしが丘3−21−4(148,000)143,000 ▼3.38%
・柏市ひばりが丘13−19(150,000)145,000 ▼3.33%
・柏市みどり台2−3−11(97,800)94,000 ▼3.89%
・柏市旭町1−1−4(1,210,000)1,150,000 ▼4.96%
・柏市旭町2−2−3(333,000)320,000 ▼3.90%
・柏市旭町6−1−47(131,000)126,000 ▼3.82%
・柏市永楽台2−4−11(144,000)138,000 ▼4.17%
・柏市加賀1−23−5(140,000)135,000 ▼3.57%
・柏市加賀3−19−3(139,000)135,000 ▼2.88%
・柏市花野井字北花崎758番18(106,000)101,000 ▼4.72%
・柏市岩井字坂台181番2外(23,400)22,500 ▼3.85%
・柏市逆井4−37−5(97,800)93,300 ▼4.60%
・柏市戸張字番匠作1031番3(91,700)87,400 ▼4.69%
・柏市高田字三勢1113番12外(70,900)67,500 ▼4.80%
・柏市高田字西中上224番96(107,000)101,000 ▼5.61%
・柏市高南台2丁目10番14(91,800)88,400 ▼3.70%
・柏市高柳字丸山下1762番10(71,300)67,500 ▼5.33%
・柏市高柳字南1104番16(71,800)68,500 ▼4.60%
・柏市今谷上町字並木通36番9(153,000)148,000 ▼3.27%
・柏市根戸字高野台471番71(113,000)109,000 ▼3.54%
・柏市桜台12−11(148,000)142,000 ▼4.05%
・柏市篠籠田字八幡1393番15(111,000)105,000 ▼5.41%
・柏市若白毛字西新山1083番4外(37,700)36,000 ▼4.51%
・柏市若葉町3−30(173,000)166,000 ▼4.05%
・柏市酒井根1−10−10(102,000)97,100 ▼4.80%
・柏市酒井根3−15−2(106,000)101,000 ▼4.72%
・柏市十余二字梅林216番19(102,000)96,800 ▼5.10%
・柏市宿連寺字天王前394番21(109,000)103,000 ▼5.50%
・柏市松ケ崎字香取1170番144(112,000)106,000 ▼5.36%
・柏市松葉町3丁目21番5(139,000)133,000 ▼4.32%
・柏市松葉町6丁目39番8(134,000)130,000 ▼2.99%
・柏市常盤台13−25(125,000)121,000 ▼3.20%
・柏市新逆井1−18−10(82,500)78,000 ▼5.45%
・柏市新十余二5番(73,900)70,900 ▼4.06%
・柏市新柏2丁目14番5(150,000)144,000 ▼4.00%
・柏市新富町2−14−71(131,000)125,000 ▼4.58%
・柏市西原1−32−7(127,000)120,000 ▼5.51%
・柏市西原6−15−21(113,000)108,000 ▼4.42%
・柏市西山2−16−12(105,000)101,000 ▼3.81%
・柏市西町6−6(130,000)123,000 ▼5.38%
・柏市西柏台1−4−8(109,000)103,000 ▼5.50%
・柏市青田新田飛地字元割220番1(61,500)59,300 ▼3.58%
・柏市千代田2−3−23(220,000)211,000 ▼4.09%
・柏市千代田3−14−4(186,000)178,000 ▼4.30%
・柏市泉町9−19(238,000)231,000 ▼2.94%
・柏市増尾5−25−3(105,000)100,000 ▼4.76%
・柏市増尾8−3−5(103,000)98,000 ▼4.85%
・柏市増尾台2−23−9(124,000)118,000 ▼4.84%
・柏市大井字堂堀原1891番8(64,800)61,100 ▼5.71%
・柏市大室字張間内1874番201(110,000)104,000 ▼5.45%
・柏市大室字南田1340番8外(113,000)107,000 ▼5.31%
・柏市大津ケ丘1丁目3番26(78,000)74,500 ▼4.49%
・柏市大津ケ丘3丁目35番3(75,300)72,000 ▼4.38%
・柏市大津ケ丘4丁目3番5(75,500)72,000 ▼4.64%
・柏市大島田字上ノ台624番9外(59,700)56,700 ▼5.03%
・柏市大島田字辻堀34番29(63,600)59,800 ▼5.97%
・柏市中央町2−6(695,000)662,000 ▼4.75%
・柏市中原1−2−24(109,000)103,000 ▼5.50%
・柏市中新宿1−18−2(113,000)107,000 ▼5.31%
・柏市塚崎2丁目5番21(75,000)70,800 ▼5.60%
・柏市塚崎字谷津890番7(62,600)59,800 ▼4.47%
・柏市東2−1−20(139000)133000 ▼4.32%
・柏市東上町6−13(194000)187000 ▼3.61%
・柏市東中新宿3−18−4(117000)111000 ▼5.13%
・柏市東柏2−3−7(111000)105000 ▼5.41%
・柏市藤ケ谷新田字宮後118番9(27,000)25,800 ▼4.44%
・柏市藤心1丁目540番外(42,000)39,900 ▼5.00%
・柏市藤心5−5−3(103,000)97,600 ▼5.24%
・柏市藤心字葉貫台932番44(83,800)79,900 ▼4.65%
・柏市南逆井2−9−5(102000)96300 ▼5.59%
・柏市南増尾6−11−9(88000)83800 ▼4.77%
・柏市南柏1−6−5(284000)266000 ▼6.34%
・柏市南柏2−12−7(166000)158000 ▼4.82%
・柏市南柏2−3−17(181000)175000 ▼3.31%
・柏市柏1−4−27(1560000)1490000 ▼4.49%
・柏市柏2−6−7(524000)497000 ▼5.15%
・柏市柏2−8−20(748000)712000 ▼4.81%
・柏市柏3−4−25(398000)376000 ▼5.53%
・柏市柏の葉1丁目6番14(206000)197000 ▼4.37%
・柏市柏の葉3丁目3番12(196000)182000 ▼7.14%
・柏市柏字羽黒谷1299番13(111000)106000 ▼4.50%
・柏市柏字中大町554番5(139000)133000 ▼4.32%
・柏市柏字東谷台695番35外(155000)146000 ▼5.81%
・柏市八幡町3−38(117000)113000 ▼3.42%
・柏市布施新町1−10−5(85,000)80,000 ▼5.88%
・柏市布施新町3−28−12(83,400)78,000 ▼6.47%
・柏市豊四季字鞍掛141番18(120000)116000 ▼3.33%
・柏市豊四季字新宿945番16(75800)72100 ▼4.88%
・柏市豊住5−7−17(137000)132000 ▼3.65%
・柏市豊上町2番27(110000)105000 ▼4.55%
・柏市北柏2丁目7番3(156,000)151,000 ▼3.21%
・柏市北柏3丁目1番8(173,000)166,000 ▼4.05%
・柏市名戸ケ谷字東小橋764番1外(50000)47200 ▼5.60%
・柏市明原1−3−14(208000)201000 ▼3.37%
・柏市明原3−19−5(202000)195000 ▼3.47%
・柏市緑ケ丘8−12(171000)165000 ▼3.51%
・柏市緑台12番3(70,000)66,700 ▼4.71%

※単位:円/1平米、()内は2009年
※地価公示は、地価公示法に基づいて、国土交通省土地鑑定委員会が毎年1月1日の都市計画区域等における標準地を選定して「正常な価格」を判定し公示するものです。地価公示の目的は、一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに、公共事業用地の取得価格の算定等の規準とされ、適正な地価の形成に寄与することにあります。(国土交通省)

地価の下落に加え、低水準で推移する金利(補正予算による優遇)や税制などから、住宅購入に意欲を持つ世帯も多い。このため、利便性と価格のバランスが取れたエリアでは回復基調にある。

一般住宅地では、在庫の減少や現場で感じる購入意欲などから、ある程度、底を打っているのではないか。ただし、景気の動向や人口動向など、大きな流れから急激な上昇はないと思われる。

[PR]「住宅購入サポート“プレミアクラス”
不動産調査,住宅購入相談,住宅ローン相談など、住まい探しサポートの集大成。仲介手数料“優遇”特典付き。
posted by preseek_shibata at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック