2010年04月04日

我孫子市の公示地価2010

国土交通省より2010年の公示地価(1/1時点)が発表されました。

≪国土交通省が発表した東京圏・近郊住宅地の概要≫

 住宅地、商業地ともに全都道府県とも下落となった。全国平均の下落率は住宅地が4.2%、商業地が6.1%で、前年を上回る下落率となった。

 半年ごとに地価を把握できる地点(都道府県地価調査との共通地点)で見ると、三大都市圏では、昨年前半よりも後半の方が下落率が小さくなっている。

 金融危機の影響と景気後退が影響した。個人の所得は減少し企業収益も低迷、実需、投資市場とも縮小し全面的な下落となった。

 一時取得層の住宅潜在需要の大きい大都市圏の近郊では、下落幅が縮小している。一方で、商業地はオフィスの空室率が上昇するなど厳しい環境にある。

平成22年3月18日:国土交通省土地・水資源局

≪我孫子市の公示地価≫

・我孫子市つくし野6−25−6(130,000)124,000 ▼4.62%
・我孫子市栄23−5(89,500)85,500 ▼4.47%
・我孫子市下ヶ戸字松山1821番11(107,000)104,000 ▼2.80%
・我孫子市我孫子3−31−3(97,500)94,500 ▼3.08%
・我孫子市久寺家1−20−15(90,000)87,500 ▼2.78%
・我孫子市古戸字向原260番13(46,000)44,000 ▼4.35%
・我孫子市湖北台6−7−19(69,700)63,800 ▼8.46%
・我孫子市湖北台8−10−5(76,000)72,500 ▼4.61%
・我孫子市高野山字志多田172番18(86,000)84,000 ▼2.33%
・我孫子市高野山字東小暮531番29(95,000)92,200 ▼2.95%
・我孫子市根戸字根切344番102(98,500)96,800 ▼1.73%
・我孫子市根戸字堀尻973番53(81,500)79,000 ▼3.07%
・我孫子市柴崎台1−4−14(155,000)152,000 ▼1.94%
・我孫子市柴崎台4−12−38(145,000)143,000 ▼1.38%
・我孫子市若松171番12(122,000)117,000 ▼4.10%
・我孫子市寿2−22−47(122,000)119,000 ▼2.46%
・我孫子市新木野3−5−19(40,000)38,500 ▼3.75%
・我孫子市青山台2−18−15(110,000)108,000 ▼1.82%
・我孫子市泉36−23(106,000)103,000 ▼2.83%
・我孫子市船戸2−7−18(104,000)101,000 ▼2.88%
・我孫子市台田2−7−14(119,000)116,000 ▼2.52%
・我孫子市中峠字外谷津1604番41外(64,700)61,500 ▼4.95%
・我孫子市中峠字上大久保1975番3外(29,000)27,000 ▼6.90%
・我孫子市中峠字神明前1141番2(66,600)64,000 ▼3.90%
・我孫子市中峠台13番14(69,000)65,700 ▼4.78%
・我孫子市天王台1−1−30(190,000)186,000 ▼2.11%
・我孫子市天王台3−30−16(130,000)128,000 ▼1.54%
・我孫子市都部字新道2番7(53,200)50,000 ▼6.02%
・我孫子市東我孫子2−16−17(98,500)97,500 ▼1.02%
・我孫子市南新木2丁目14番8(60,000)58,000 ▼3.33%
・我孫子市日秀字西原33番5(54,600)51,500 ▼5.68%
・我孫子市白山1−28−2(191,000)189,000 ▼1.05%
・我孫子市白山2−5−16(172,000)169,000 ▼1.74%
・我孫子市布佐字大坪1255番11(43,000)41,500 ▼3.49%
・我孫子市布佐酉町68番13(50,500)48,800 ▼3.37%
・我孫子市布佐平和台3−11−7(60,000)57,800 ▼3.67%
・我孫子市並木5−8−9(93,000)91,000 ▼2.15%
・我孫子市本町2−2−1(445,000)436,000 ▼2.02%

※単位:円/1平米、()内は2009年
※地価公示は、地価公示法に基づいて、国土交通省土地鑑定委員会が毎年1月1日の都市計画区域等における標準地を選定して「正常な価格」を判定し公示するものです。地価公示の目的は、一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに、公共事業用地の取得価格の算定等の規準とされ、適正な地価の形成に寄与することにあります。(国土交通省)

地価の下落に加え、低水準で推移する金利(補正予算による優遇)や税制などから、住宅購入に意欲を持つ世帯も多い。このため、利便性と価格のバランスが取れたエリアでは回復基調にある。

一般住宅地では、在庫の減少や現場で感じる購入意欲などから、ある程度、底を打っているのではないか。ただし、景気の動向や人口動向など、大きな流れから急激な上昇はないと思われる。

[PR]「住宅購入サポート“プレミアクラス”
不動産調査,住宅購入相談,住宅ローン相談など、住まい探しサポートの集大成。仲介手数料“優遇”特典付き。
posted by preseek_shibata at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック