2016年04月24日

資産価値から考えた購入

少子高齢化、人口減少が社会問題となり、それに伴って空き家の増加が問題となってきました。これから家を買う方にとって、これらの社会問題について理解を深めて判断することがとても重要なことになります。

国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、2030年の日本の人口は1億1660万人と予測され、現在よりも1000万人、率にして9%も減少します。

東京都23区の人口が約900万人と言われますから、あと15年も経たずに東京都23区の人口以上の人が日本からいなくなってしまいます。さらに、この減少人数は生産年齢人口でもあることから、働き手がいなくなる、家を買う人がいなくなる、といっても過言ではありません。

平成25年度総務省「住宅・土地統計調査」によると、日本全国の空家数は820万戸、そのうち賃貸用を含めマンションが多くを占めております。そのマンションでは、世帯主の高齢化も進み、空き家問題をより深刻化させています。

マンション空き家問題の行き先は管理不全によるマンションのスラム化です。鉄筋コンクリート造のマンション寿命は68年と言われていますが、これは適切な維持管理がされていることが前提です。

マンションの世帯主が高齢化し、さらに空き家が増える(所有者が若くても住んでいない家には出費を惜しむ)と、管理費等の未納問題が顕在化し、さらに、死ぬまで持てばいいという考えから、大規模修繕がままならず、最悪、マンションがスラム化するということになります。

もし、マンションがスラム化したら、資産価値はゼロどころではなく、マイナスの負債というところまで行きます。この悪いモデルが、リゾートマンションです。いわゆる「ババ抜きのババ」です。

空き家が増えるということは、買い主側にとって、価格の低下となり、選択肢も増えて、一見「お得に見える」物件も増えるということです。しかし、お得かどうかだけで判断してはいけません。

なぜ安いのか、マイナス材料はどのようなものがあるのか(マイナス材料がない、という物件もない)、周辺相場と比べての相対的な評価と、物件そのものをみた絶対的な評価により、価格の理由を探り、判断することが大切です。

資産となる物件なのか、負債となる恐れがある物件なのか、これを特に大きく左右するのは「立地」です。これからの人口減時代でも人が集まる地域なのかどうかを見極めること。

そして、その地域の中で、今後も選ばれる要素を持っているのかどうか、ここを見て判断されることをお勧めします。価格面だけに左右されてはなりません。

[PR]「不動産の売却・中古マンション購入ならプレシークへ
不動産の売買、中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産取引はエージェント選びが大切

不動産業者による、物件の情報量、告知力に大きな差はありません。

不動産業者によって保有している物件情報量が違うと思い、情報を求めて何社にも問い合わせをする、声をかける、資料請求する方が意外と多くいらっしゃいます。

不動産業者向けの不動産情報システム「レインズ」をご存知でしょうか。

レインズは趣旨を現した英語表記の略ですが、和訳すると、不動産(Real Estate)、情報(Information)、流通(Network)、仕組み(System)となり、文字通り、不動産の情報が駆け巡る仕組みで、不動産情報の標準化、共有化を目的に国土交通省が作り上げたシステムです。

宅建業法でも、専任(専属)で売却の依頼を受けた際には、このレインズに登録することを義務付けており、情報を秘匿することを強く禁じております。(この脱法行為を行った疑いで騒がれたのが「囲い込み問題」です)

一般媒介でも実質的にはレインズ登録されることから、ほとんどの不動産情報は不動産業者間で共有され、多くの不動産業者を回っても、同じ物件情報が出てくるとなります。唯一の例外が、不動産業者自らが売主となって売却するケースで、新築マンションが典型的な例です。

ここで問題となるのが、物件情報に気を取られて「事業者」「担当者(エージェント)」の選定をおろそかにすることです。

不動産業者が売主でなければ、同じ物件であれば、不動産業者による不動産の違いはない。違いが生じるのは、事業者から提供される「サービス(付加価値)」、担当者のスキルや対応力となります。

住宅ローンを含めた資金計画、不動産売買の手続き、物件選定のアドバイスなど、一般の方では難しい専門分野に対して、どこに、だれに任せるか、これがとても大切なことになります。

売却の場合でも同様で、売却する不動産そのものが、不動産業者や担当者によって変わるものではありません。

売却するに際して、どのようなサービス(付加価値)を提供するのか、売却戦略のアドバイスから不動産取引の遂行までの対応力で、事業者や担当者を選ぶことが大切なことになります。

大手仲介会社1社の告知力は高いものがありますが、大きな不動産市場から見れば小さなものです。情報の囲い込みをせずにレインズで公開するという1点のみで躍進した「ソニー不動産」のように、情報を公開することにより好条件での売却も可能です。

安心して不動産取引ができるための具体的なサービス(付加価値)があるかどうか、これを判断材料として不動産業者を選ぶことが成功の秘訣です。

[PR]「不動産の売却・中古マンション購入ならプレシークへ
不動産の売買、中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手付金あれこれ

不動産の売買契約を締結する際、買主から売主へと手付金が授受されます。購入代金の一部であり、前払い、頭金という意味合いが現実的ですが、法律的には別の意味合いとなります。

手付には性質により3つに分けられます。「証約手付」、「解約手付」、「違約手付」の3つになります。

証約手付とは契約成立の証拠として受け渡しされる手付です。解約手付とは解約する権利(負担もあり)を付帯させる手付です。違約手付とは主に買主に契約違反があった場合にペナルティとして没収される手付です。

どれも、契約が確実に履行されるようにという意味合い・効果を持っています。不動産取引は高額になり、契約が簡単に解約となってしまうと、相手方の損害や関係先の手間や負担が大きくなってしまうためです。

通常の不動産売買契約では、解約手付として扱われます。契約書にも取り扱いが記載されております。裁判所の判例でも手付の意味合いが定められていない場合は「解約手付」と判断するとしています。

解約手付は、売主、買主ともに解約する権利を持たせるものですが、その権利を行使するための負担を、買主は手付金の放棄(手付流し)、売主は手付金の返還と同額の付加(手付倍返し)としています。

この手付金を利用した解約について、権利を行使できる期限が定められております。法律では「相手方が契約の履行に着手するまで」と規定していますが、相手方の動きはわかりづらく、立証もしづらいため、明確な期日(契約から1週間、1ヶ月後など)を取り決めるケースが多くなります。なお、売主が不動産業者(宅建業者)の場合、買主の権利を束縛することから期日指定の期限設定はできません。

手付金の金額について、明確な規定はなく、当事者が同意する金額となりますが、通常、売買契約金額の5〜10%程度とするケースが多くなります。ただし、宅建業者が売主の場合は、別途、宅建業法の規定に適用されることがあります。

もし、手付金の金額を安く設定しすぎると簡単に解約ができてしまい、手付金の金額を高く設定しすぎると解約する際の負担が大きくなりすぎてしまいます。不動産取引の慣行などから、5〜10%程度が程よい割合と定着してきました。

資金計画、売買契約の状況などにもよりますが、総括的に考えて、適切な手付金の金額とすることも大切です。

[PR]「不動産の売却・中古マンション購入ならプレシークへ
不動産の売買、中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

売主さんの瑕疵担保責任をご存知ですか?

熊本大地震の発生から1週間が経過しました。この地震では、建物倒壊による被害が多く、避難所に多くの方が身を寄せております。

地震発生後、建物が損壊した方に加え、損壊していないものの、不安から自宅を出て避難されている方も多いことが要因です。

今回ほどの大地震では、旧耐震基準建物では持ちこたえることは厳しく、多くの被害が出たと報じられております

さらに、新耐震基準で建てられても、損壊した建物も多くあったようです。理由としては、新築時から問題があったケースと、竣工後の維持管理状態に問題があったケースがあると思われます。

宮城県沖地震、阪神大震災、東日本大震災と、大災害があるたびに、建築や不動産取引が見直されてきた歴史がありますが、今回も、検証が進むと、なにかしらの対応策が打ち出されるかもしれません。

そして、現在の取引で増えているのが「ホームインスペクション(住宅診断)」というサービスです。

これは、購入者が抱く不安を払しょくするとともに、取引のトラブル防止、売主の負担減少と好条件での売却を期待されるものです。

詳細は、こちらの記事にてご確認ください。


さて、本日は、売却後の負担・トラブルを未然に防ぐ方法について簡単にお話させて頂きます。

この方法は、売却してから気づいた!

では遅いのです・・・

★瑕疵担保責任とは?

住宅を購入し引渡しされるまでは気づかなかった物件の重大な欠陥が、住んでみて発覚した場合、買主さんが売主さんに対して損害の賠償を求める根拠となるのが、売主さんが負っている「瑕疵担保責任」です。

例えば、お部屋に引かれている部分の排水管から水漏れがあり、床が水浸しになってしまったという時、修理にかかる費用はどうするのでしょうか?

「売主は瑕疵担保責任を一切負わない」という契約を結んでいない場合、売主さんは修理費用を負担する義務を負います。(瑕疵担保免責の契約の場合、売買金額が低くなる可能性がございます)

瑕疵担保責任を負う期間を3か月とした契約の場合、3か月をすぎれば買主さんの負担となりますが、3か月以内に上記のような事象が発覚すれば売主さんの負担となってしまいます。

せっかく、お住まい売却が無事終わり、新しい生活に慣れた時に…なんてことがあったら大変ですね。

そこで…

■「瑕疵担保」加入による安心の5年保証をご提案します!

新築住宅は売主さんが業者ですが、中古住宅の多くは個人が売主さんとなります。そこで、個人の方が売主さんの場合に、負担がかからないように、国が最長5年の保険を付加できる制度をつくりました。

頼もしい制度ではありますが、残念ながら、この制度については不動産会社の理解度が足りないため、説明もされないケースが多くあるの現状です。

物件を引渡した後に見つかった瑕疵についての補修費用は、瑕疵保険で補うことが可能です。売却後のトラブル回避も、売却前に考えておきたいことのひとつです。

---------------------------------------------------------○---------○---
   大手不動産会社の「囲込み営業の実態」?!
---------------------------------------------------------○---------○---

売却依頼をされても他社には紹介されたくない!情報を隠してしまえ!!同じ不動産会社としては悲しいことですが、現実に「囲込み営業」は存在します。

テレビ東京のニュース番組でも取り上げられました。


■このような被害に遭わず、好条件での売却を実現するノウハウを公開しております。
posted by preseek_shibata at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

「セブンパーク・アリオ柏」がオープンします

今朝、手賀の杜に下見へ行った帰りに、手賀の杜の南側入り口の交差点(ミニストップ)へ来ると、今までT字路で直進はできなかったのが、十字路に変わり直進方向の道が開通していました。この道を進んでみると、4月25日(月)にオープンする「セブンパーク・アリオ柏」に直結していました。

当面は大混雑が予想されるため、施設はもちろん、近くにも寄らないようにしようと思いますが、県内最大級というショッピングモールにはどのような施設が入るのか、るるぶ風のチラシが入っていましたので、概略を記します。

1. スマイルパーク 「イベントもバーベキューもできる超大型公園」
自然空間とイベントスペースを兼ね備えた約4,000坪の超大型パークに、約3,000人規模の野外コンサートができる屋根付きステージを設置。ご家族やご友人同士で楽しめる大規模なフェスやイベントを随時開催していく予定です。首都圏でもステージのある施設が不足しているという現状を受け、都心にも近い柏地域の屋外イベントスペースとして、外部への会場提供も視野に入れています。手軽においしいフードカーが並ぶエリアと同時に、バーベキューゾーンも設置。

2. スカイ・キッズ 「子育て家族にやさしい充実のスペース」
「スカイ・キッズ」の大きな特徴は、お子様が楽しめるたくさんの遊具と、巨大モニター。このモニターでは、お子様たちが双方向で楽しく遊べるインタラクティブ映像が流れるなど、最新の技術を取り入れた一大遊び場スペースです。また、小さなお子様とのお買い物を快適にするため、ハイハイコーナーや育児相談室などを併設。

3. ビッグ・ワンダー 「驚きの"巨大オブジェ"のエンターテインメント空間」
「ビッグ・ワンダー」は、お子様皆様の笑顔はもちろん、大人も子どもの心に戻れる「ASOBIBA(遊び場)」として、楽しさや驚き、好奇心がいっぱいの屋内空間となります。1階から3階までの広大な吹き抜け空間には、遊び心をくすぐる実物の約20倍の巨大オブジェを数多く配しました。巨大なお菓子やチェス、また実際に動くロボットや時計などのオブジェもあり、まるで自分が小人になったかのような空間をお楽しみいただけます。

4. アミューズメント施設
「TOHOシネマズ柏」3D映画を超えるアトラクション型4Dシアターシステムの”MediaMationMX4D”を導入。映画シーンに合わせて客席のシートが動き、風やミスト、香りなど五感を刺激する特殊効果も。「ラウンドワン スタジアム」1階から屋上までの広大なスペースに、ボウリングやカラオケなど時間内で好きなスポーツやアミューズメントを楽しめる「スポッチャ」を設置。「北原コレクションミュージアム」世界的な玩具コレクター北原照久氏がプロデュースするミュージアム。1925〜1959年にかけてアメリカの小売店のショーウインドーを飾った「モーションディスプレイ」をはじめ、北原氏が世界中から収集したコレクションを公開。

5. 飲食施設
とれたてピチピチ鮮度抜群の海鮮料理「タカマル鮮魚店」、外はカリッと中はしっとり風味豊かなフレンチトースト「CAFE&MEAL EN」、豪州黒牛を100%使用肉汁たっぷりのハンバーグ「いしがまやハンバーグ」、デンマーク発のキャラクターラスムス君のパンケーキ「RASMUS KLUMP CAFE」、一皿で3つの味が楽しめる欲張り派におすすめのトルコライス「M1プレート」、コスパも味も二重丸!ボリューム満点の極上ステーキ「いきなりステーキ」、たっぷりのメレンゲを使ったふわっふわのパンケーキ「Hawaiian Pancake&Cafe Merengue」、一流のパティシエが作る洗練された至福のスイーツ「ルエル・ドゥ・ドゥリエール」、スプーンで食べる新感覚のシフォンケーキ、口溶けのよいしっとりとした食感で、シフォンケーキの真ん中には生クリームがたっぷり「ザ・シフォン&スプーン」などなど。

6. オープンイベント
5月3日、4日には「カシフェス プレミアムライブ」として、さまざまなアーティストを輩出してきた音楽の街・柏にふさわしい豪華アーティストがステージに登場。2日間にわたり無料音楽ライブを開催します。出演予定:サンプラザ中野くん、土屋アンナ、相川七瀬、ほか。
5月7日、8日には「イタリアンを中心とした食フェス」として、2015年ナポリピッツァ職人世界選手権日本大会優勝者の店、他、各地で引っ張りだこのお店が集結します。

この他にも、基本的なイトーヨーカドーが満を持して店を作りました。最大の目玉は「日本最大級の”プラレール”のジオラマ」です。ぜひ見に来てください。

冒頭に戻りますが、今回の道路開通で、我孫子・手賀沼公園〜手賀リゾート満天の湯〜手賀の杜ニュータウン〜セブンパーク・アリオ柏〜国道16号線沿いの商業施設群〜県道船取線が1本道で直結されました。

今回のセブンパーク・アリオ柏のオープンに伴い、柏市南部の様相は大きく変わるかもしれませんが、住宅地は「大津ヶ丘」と「手賀の杜」エリアしかなく、集中してしまうかもしれない。

[PR]「不動産の売却・中古マンション購入ならプレシークへ
不動産の売買、中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

住宅ローンの組みすぎは老後破産への道

NHKスペシャルで放送されている「シリーズ:老人漂流社会」が昨夜放映されました。今回の題は「団塊世代 しのび寄る“老後破産”」です。番組では、年金収入だけでは暮らしていけない“老後破産”が「団塊世代」にも忍び寄っている現状を明らかにしている。

「団塊世代」は、比較的余裕があり逃げ切れると思われてきた世代だが、バブル崩壊後、所得や退職金が減少し、さらに、長寿化で親の介護負担が重くのしかかっている上、就職氷河期に直面した子世代の不安定就労な割合が高く、自立できずに同居している未婚者の負担も加わってくる。

自分自身にも起こりえる恐怖に襲われ、番組を最後まで観ることはできませんでした。この恐怖は、日本人に貯蓄を励ませ、今の消費を冷え込ませている。それでも教育費を削ることはできないことから、現役世代からの対策は住居費を削ることになる。

それでも、いざ、目の前に現実の住宅を見てしまうと、少しでも良いものにしたいという本来の欲が出てきて、ついつい予算を増やしがちになる。その欲望に買主の目が光ったとき、不動産やハウスメーカーの営業マンは、ここを逃すまいと、いかにも大丈夫そうな資金計画を立てて提案してくる。

40歳なのに35年返済、、、60歳、65歳からの先の返済はどうするのか。退職金で返そうと思っていても、会社が20年後まで順調に推移しているとは限らず、その際には、自分で手当てしなければならない。

60歳までに繰り上げ返済をして住宅ローン残高を減らすといっても、教育費は皆さまが思っている以上に高く、そうそう繰り上げ返済できるものではなく、逆に、住宅ローン破たんしないように持ちこたえるのでギリギリ。

もし、住宅ローンの借入金額が、年収の3〜4倍程度であれば、繰り上げ返済や退職金の返済でもカバーできるかもしれないが、年収の5倍を超える金額を借りるのは、欲に目がくらんだか、まやかしに惑わされたか、自信、過信に満ちているのか。

心理学の先生がおっしゃっていましたが、営業マンに「あなたならこの資金計画で購入しますか?」と聞くのが効果的です。自身の資金計画を詳しく教えてくれて、その根拠と同じならその資金計画は信じてもいいのかもしれない。

お客様には35年返済(定年後の完済)を進めながら本人は定年前の完済、お客様には年収の7倍の借入金額を提案しながら本人は年収の3倍程度、さらには、買っていない、買う気がない、などは論外のようなことも。

営業マンの言うとおりにしたら老後破産、退職金は出るだけましで期待はしない、お金に窮すると精神的にも肉体的にもつらくなります。

[PR]「不動産の売却・中古マンション購入ならプレシークへ
不動産の売買、中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンとお金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

平成28年4月実行分の住宅ローン金利

各銀行より平成28年4月実行分の住宅ローン金利が発表されました。
主要銀行の主な4月実行金利は、以下の通りです。

◇千葉銀行
変動金利:0.775〜1.175% ※1
10年固定:0.900〜1.300% ※2
全期間固定:1.710%
※ 保証料要。
※ 借入・審査内容により優遇条件の見直しあり。
※1 店頭金利より▲1.3〜1.7%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.75%

◇京葉銀行
変動金利:0.975% ※1
5年固定:1.200% ※2
10年固定:1.100% ※2
全期間固定:1.800%
※ 配偶者が保証人となれば、保証料不要。(期間限定)
※ 日常生活賠償責任保険(家族全員)付(保険料銀行負担)
※ 交通事故死亡保険(本人のみ100万円)付(保険料銀行負担)
※1 店頭金利より▲1.5%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.2%

◇千葉興業銀行
変動金利:0.775〜0.975% ※1
10年固定:1.250〜1.550%
※ 保証料要。
※ 借入・審査内容により優遇条件の見直しあり。
※ がん保障(保険料は銀行負担)付
※1 店頭金利より▲1.5〜1.7%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.4%

◇三菱東京UFJ銀行
変動金利:0.625%〜0.875% ※1
3年固定:0.450% ※3
10年固定:0.900% ※2
全期間固定:1.200%〜1.220%
※ 保証料要。
※ 金利優遇幅は借入・審査内容次第で可変。
※1 店頭金利より▲1.5〜1.7%
※2 固定終了後の優遇幅は▲1.4%
※34年目以降は店頭金利より▲1.8%

◇みずほ銀行
変動金利:0.625%〜1.075% ※1
10年固定:0.850%〜1.350% ※1
全期間固定:1.520%〜1.600%(借入期間による)
※ 保証料要。
※ 金利優遇幅は借入・審査内容次第で可変。
※1 店頭金利より▲1.4〜1.7%

--

4月の住宅ローン金利は、10年以上の中長期固定系の金利で上昇しました。これは、市場金利が上昇したことよりも、年度替わりでキャンペーンが終了したためです。今後、新年度のキャンペーンが始まれば、改めて下がることも考えられます。

いずれにしても、まだまだ異常な低金利水準であることは変わらず、これから借りようとする方には良い状況です。しかし、金利が安いから買うというのは本末転倒で、たまたま買う時期に来ていて、金利が低くてよかったというまでになります。

すでに住宅を購入し住宅ローンを借りている方は、金利が下落したことで借り換えを考える好機になります。

借り換えの基本は、低金利の恩恵を長期間、確実に得られる固定型を中心に考えるべきで、金利上昇時に預貯金や収入でカバーできる人以外は、固定金利に換えてリスクを減らす好機となります。

[PR]「不動産の購入・売却ならプレシークへ
不動産の購入や売却を全面バックアップ。サイトでは多数のコラムを掲載しております。仲介手数料を最大半額優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンとお金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする