2015年07月24日

重要事項説明の重み

宅建(宅建業ではなく取引士)の免許を更新するのには、法定講習を受講しなければなりません。このあたりは運転免許証の更新と同じですね。

運転免許と違うのは、更新前の状況により講習の内容が時間が変わるということはなく、みな、一律に同じ内容の講習を受けることです。

確かに、宅建の場合、更新前の期間(5年)の間に、違反をいっぱいして点数がないよ、違反が多いから長時間講習(と厳しい内容)なんてことはない。

宅建は、不動産という高額になり人生が左右されることもある大きな物を扱うからこそ、違反をすれば、一発退場になり更新そのものができない、となることが多く、厳しい措置となる。

運転免許証も、人の命に関わることが多いのだから、違反した人への対応は厳しくしてもいいのではと思うが。

さて、その法定講習を受講すると、講習で使われる何冊ものテキストを拝領する。その内容をすべて取り扱うと何日何カ月となるため、その年ごとに大事なポイントに絞り講習することになる。

その他の部分は、帰宅後、各自復習するようにとなる。そのテキストのなかで、特に意識して読むところは、トラブル事例について。

取り上げられる事例は、テキストに掲載されるだけあって、こんなケースあるのかと驚くものも多い。

毎回取り上げられる定番に、「目の前の空き地には建物が建たないからずっと安心」というようなセールストークに乗って買ってしまった、というものがある。

言った言わない、言葉のニュアンスなどの錯誤や誤解が生うような内容で担当者が語った可能性もあるが、最後の決め手になるのは書面であり、それが重要事項説明書になる。

前期の例であれば、目の前の空き地の状態がどうこうではなく、何を建てられるのか・高さはどこまで許されるのか・大きさの限界はどこまでか、などを法的な根拠を持って確認する必要がある。

重要事項説明書に記載された法令上の制限で、目の前の空き地には高い建物を建てることができると記載されていれば、それを認識したうえで購入したとなり、購入後にクレームを言っても、知ってたでしょ(見落としは買主の責任)となってしまう。

トラブル事例は、販売会社そのものが目の前の空き地にマンションを建築した例とかなので、販売会社側が弱い(負ける)が、第三者敷地で第三者の建築であれば買主が弱くなるかもしれない。

このように、重要事項説明(宅建)は重いものなので、セールストークで言われたから大丈夫とは思わないように。いずれにしても信頼できる会社や担当者を選ぶことです。

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イメージ先行には要注意

リノベーション済みの中古住宅、中古マンションの販売が日常的になり、資料を見る機会が多くなってきた。

我々が販売図面と呼ぶその資料には、物件の概要から間取りなど情報や特徴などが1枚にまとめられている。

その資料には、インテリアコーディネーターによるアーバンテイスト、心地よい空間を創造、モダンなアクセント、などなど、お洒落な言葉が並ぶ。

さらに、完成予想図、当社施工例、完成イメージなどの画像やイラストなどが掲載されている。

これらの言葉は、右脳に訴えかける主観的なもので、先入観やイメージを頭に描きやすい。

しかし、その反面、客観的な事実ではないため、抱くイメージは人それぞれ千差万別で、現地に行くと、あれあれ、と思うことが多い。(お客様と一緒に苦笑いすることも)

完成した新築住宅、リフォーム・リノベーション済みの中古住宅なら、現地に行って、あ、イメージと違ったね、で終わらせることができる。

もし、施工中の状態で購入し、完成したらイメージと違った、では、泣くに泣けない。

もちろん、良い方向に違うこともあるのでしょうが、人の心理は、期待値というものもあるので、頭でわかっていても、さらに良くならないかなと期待してしまう。

施行中に購入するのであれば、イメージよりも具体的に特定できる事実を押さえておくこと。

新築、中古問わず、抽象的な言葉(文学的になればなるほど)やイメージ図などが多ければ多いほど、客観的、具体的なセールスポイントがないものです。

これらを多用している物件や会社(イメージ先行の宣伝)には、要注意です。

[PR]「中古マンション購入・売却ならプレシークへ
中古マンションの購入や売却を全面バックアップ、マンション専門情報サイト、仲介手数料の優遇で購入諸費用が安くなります。
posted by preseek_shibata at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。