2012年10月13日

「いい街」ってなに?

週刊東洋経済2012.10.13号に、特集記事「日本のいい街2012」が掲載された。同社発行の「都市データパック」を基本とし、6テーマごとにランキングを作成している。

同じく同社では、住みよさランキングを定期的に発表している。2012年は、北総鉄道が東西に走る千葉ニュータウンの中心地である印西市が選ばれた。これは商業施設が充実した利便度が高かったため。この他に、隣の白井市(27位)、成田市(10位)がベスト40に入っている。

今回のいい街選定で採用されたテーマは、発展力、高齢者対応、安心度、裕福度、子育て対応、財政力の6つ。総合ランキングはつけずに、各テーマごとにベストな街を選定している。

発展力:人、物、金の観点から、延びゆく街を位置づけた。人口が増加し、企業も進出した職住混在地域、自然とお金も落ち、さらに商業施設も集まってくる、という好循環の流れになっているか。

高齢者対応:高齢者施設の人口比率のほか、生活に密着した商業施設、高齢者の就業率も考慮。お年寄りがいきいきと暮らしている、外に出ている環境にあるか。

安心度:火災や事故、刑法犯罪それぞれの人口当たりの発生率に、避難施設の確保などを考慮。地方になるほど高評価になり、人口が密集した都市部ほど、安全度が落ちると分析。

裕福度:暮らす住民の単純な所得、資産(地価)のほか、1人当たりの居住面積、消費額や生活保護人数の少なさなどを考慮。

子育て対応:保育所の定員や保育料、病院や公園の施設充実度、治安の良さのほか、世代扶助なども考慮。子育てに対する自治体の取り組みにより、結果に差が出る。

財政力:自治体の借金度のほか、地域の生産力や地価など独自の指標を採用。都心ど真ん中が好結果なのは別とし、郊外のベットタウン都市は苦戦。産業の力が大きな影響を与える。

ランキングの記事間に、著名な識者がランキング外の街を紹介。商店街の活気、自治体のやる気、などに注目して選定している。

参照:週刊東洋経済2012.10.13号


住まい探し、地域選びをする人にとって、活力があって、安心で、生活利便性も高く、自治体のサポートも充実している、そんな街を選びたいというのは当然のこと。

さらに、地盤が良くて、街の雰囲気もよく、自然や緑も残り、住民意識も高い、なども加わり、さらにさらに、自身の勤務地、学校、親族、馴染みなどの地縁も加わってくる。

これらをすべて兼ね備えることができないことは、多くの方が理解している。頭では理解しているが、やはり高額な買い物、長く暮らすことになる街に妥協はしづらい。

ランキングの詳細、具体的な地域などは、同誌をご参照いただくとして、どの地域でも、すべての項目で上位評価されているわけではない。

どの項目を重視し、どの項目は影響が少ないか、これらを整理し、兼ね備える条件からではなく、なにがNGなのかから選定すると、自然と見えてくるかもしれません。

[PR]「住宅購入サポート“プレミアクラス”
住宅購入や住宅ローンの相談に注力して住まい探しをサポートするサービスです。会員には手数料“優遇”特典付きです。
posted by preseek_shibata at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住まいの保険

民法では、損害を他人に生じさせてしまった場合、賠償責任が発生します。しかし、失火法という法律で、火災による被害は賠償責任が生じないとされており、隣家からのもらい火による火災は、自身で対応しなければなりません。

なお、重過失がある場合は、失火法によっても賠償責任は免れません。賃貸で借りている部屋は、失火の責任ではなく、原状回復義務により、賠償責任が生じます。

また、住宅ローンを借りる場合、火災保険への加入が条件となることが多くあります。借入期間以上の保険期間で長期一括払いとするケースもあります。

住まいの保険は、対象が建物と家財にわかれ、被災内容により火災、総合、地震と保険種目がわかれます。これを組み合わせて、保険に加入します。

基本となる住宅火災の場合、火災、落雷、破裂爆発、風災、ひょう災、雪災により損害が生じた場合に、保険金が支払われます。

住宅総合は、基本の住宅火災に加え、物体の落下・飛来・衝突・倒壊、水濡れ、騒擾(そうじょう)、盗難、水災により損害が生じた場合も、保険金支払いの対象となります。

地震保険は、地震または噴火とそれによる津波によって損害が生じた場合に、保険金が支払われます。※地震による火災などの被害は、地震保険に加入しないと保険金は支払われません。

建物と家財は、それぞれ別々の契約になります。建物は入るけど、家財は入らない、などの保険内容もあります。ただし、地震保険は、火災保険に付随するもので、地震保険のみでの加入はできません。

保険料は、建物の構造と所在地により区分されております。保険金額1,000円あたり・・円という料率が決められており、これに保険金額を乗じて、保険料を算出します。

損害保険は、損害額を補てんする意味合いから、時価を基準に保険金額を算出しますが、建物の再建のために再調達価額(新価)で契約するケースが一般的です。

保険料を安くするために、評価額よりも低すぎる保険金額を設定すると、その割合により支払われる保険金が減額されます。(比例払い方式)

火事太りとは、被害にあった際、実際の損害よりも多くの利益を得ることを言います。損害保険では、保険金額が評価額を超えている場合、評価額までしか支払われません。高すぎる保険金額の設定は、保険料のムダになります。

高価な家財、1個(1組)の価額が30万円を超える貴金属、美術品などは、明記物件と呼ばれ、契約時に明記しなければ、保険の対象とはなりません。後から、燃えカスを指して、これは時価何百万円の書画だと言ってもダメです。

地震保険の保険金額は、基本となる保険(火災、家財)の50%(建物5,000万円、家財1,000万円が上限)までしか入ることができません。

地震保険は、被災者の生活の安定に寄与することを目的としているため、補償内容、保険料が全保険会社で同一となっております。

火災保険、地震保険ともに、建物の構造、耐震等級、建築年などにより、保険料の割引制度があります。千葉県の場合、保険料率が高いため、割引を適用できれば、その分、割引額も大きくなります。

なにもかも心配してしまうと、保険貧乏という言葉の通り、高額な保険料出費になります。かと言って、不安な気持ちも分からずでもなく、難しいところです。

[PR]「住宅購入サポート“プレミアクラス”
住宅購入や住宅ローンの相談に注力して住まい探しをサポートするサービスです。会員には手数料“優遇”特典付きです。
posted by preseek_shibata at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | くらしと生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする