2011年09月24日

ポーカーの考え方を住まい探しに応用してみました

『賭けの考え方 ―勝ち組ポーカープレイヤーの思考習慣』(著者:イアン・テイラー、マシュー・ヒルガー、出版:パンローリング)より「ポーカーを上手くプレイするための問題処理能力は、他のどんなゲームでも、仕事でも、人生でも同様に求められる。ちょっと書き換えれば、素晴らしい人生の思考習慣になる。」

本書で紹介されている7つのポイントを、住まい探しに置き換えてみてました。

1)さまざまな現実を理解し受け入れる・・不動産取引・市場のなかでは、さまざまな現実がある。自分の思うとおりになるとは限らない現実を客観視して、自分の住まいを見つけるプランを目指す。

2)長期的視野でプレイする・・探しているときだけの状況や考えで探すのではなく、生活全般、人生全体を俯瞰して探す。

3)金を儲けることよりも正しい決断を下すことを優先させる・・お得かどうかという不動産の価値だけではなく、自分の住まいに対する条件との対比で判断する。

4)金への執着を捨てる・・住まいを購入することが人生の目的ではない。いざとなれば、家を買わないという決断ができるよう、家への執着を捨てる。

5)自尊心を持ち込まない・・周りに自慢するため、見栄をはるために購入するのではなく、生活と人生を考え、合理的な判断をする。不動産の良し悪しの評論家にならない。

6)あらゆる感情を決断から排除する・・不動産取引・選定・購入可否において、主観的な判断や考えに偏ることなく、客観的な判断を下す。頭ごなしの選別をせず、客観視して不動産を見る。

7)分析と改善のサイクルを継続的に繰り返す・・不動産を探しているとき、それぞれの不動産を分析し、自身の希望や状況と対比させ、住まい探しの優先事項や割り切るところを考えることを繰り返す。

以上、わたしなりの置き換えですので、違った解釈や置き換え方もあるかと思います。各項目の・・の前が紹介されているポイントですので、いろいろ置き換えてみてください。

最後に、本書の紹介文を置き換えてみます。

「ポーカーの世界は、実世界の過酷で残酷なバージョンだといえる。我々が社会で与えられているような安全地帯は、ポーカーには存在しない。全ての最適でない決断、ミス、筋の通らない考え、そして勘違いは、ポーカーテーブルでは命取りになる。」

住宅購入は、人生において最大の試練だといえる。完全に安全でリスクゼロの不動産購入は存在しない。すべての最適でない決断、ミス、主観的な考え、感情的な判断は、住宅購入では命取りになる。

[PR]「住宅購入サポート“プレミアクラス”
住宅購入や住宅ローンの相談に注力して住まい探しをサポートする不動産仲介会社。会員には手数料“優遇”特典付きです。
posted by preseek_shibata at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災後の千葉県不動産市場動向調査

千葉県不動産鑑定士協会より、「東日本大震災後の千葉県不動産市場動向に関するアンケート調査結果」が届きました。このアンケート調査は、千葉県内の不動産事業者を対象に実施したもので、より現場の生の感覚を現しております。

下記に、千葉県北西部(東葛エリア)に関する調査結果を列記いたします。

湾岸地域では、震災によって影響を受けた最大の原因は液状化が挙げられている。その他の地域は、震災の直接的な被害よりも景気低迷の影響が大きい。常磐エリアで、放射能の風評被害をうけたのは13%強に留まる。

震災後の地価について、横ばい(39.1%)、やや下落(38.7%)が大半を占め、大きく下落(6.5%)に留まる。ただし、東西線・京葉線沿線では、大きく下落が41.7%と、液状化被害の影響を受けている。

今後の地価についても、80%近くの業者が大きく下がらないと予測している。今後、住宅系の需要は増加すると約80%の業者が回答。ただし、投資物件は大幅に需要が減退すると答えている。


最後に、この調査結果を以下のようにまとめている。被災地を除くと取引の価格に大きな影響が見られない、液状化や原発という直接的なものより景気低迷の影響を受けている、今後、大きな影響はないとする見方が多い。

この他に、アンケートに書かれた生の声のうち、気になったものをご紹介します。(常磐エリアの業者からの回答)

・浦安、市川の余波で松戸では売れている。
・売り出し情報を秘匿していた大手仲介業者から情報が流れてきた。
・生活保護を受けている人が増加したようだ。
・解体工事が増加している。
・土地の履歴に関しての確認が必要となった。
・マンションが敬遠され中古住宅に流れている


以上のように、原因はさまざまでも、あれだけの大震災でしたから、不動産市場にも住まい選びにも大きな影響は与えられています。

当然、購入の取り止めや取引価格にも影響はあったかと思われますが、それ以上に、地盤や地勢(高台)や住宅の種別(戸建、低層)という住まいへの内容の変化が特徴的です。

今後、放射能の状況、景気動向や雇用・収入などの経済状況によって、また、変化があるかもしれません。景気に関しては、震災よりも、円高・株安など、世界経済からの影響もあります。

[PR]「住宅購入サポート“プレミアクラス”
住宅購入や住宅ローンの相談に注力して住まい探しをサポートする不動産仲介会社。会員には手数料“優遇”特典付きです。
posted by preseek_shibata at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする